田代佳奈美(たしろ かなみ)

バレーボール選手:東レアローズ所属。ポジション:セッター。ニックネーム:ジン。1991年3月25日生、滋賀県出身。古川学園高校卒業。身長173cm、体重66kg。

 滋賀県栗東市に3人兄姉の末っ子として生まれる。父親は日本中央競馬会(JRA)栗東トレーニング・センターの調教助手、母親は元実業団バレー選手。

 地元に出来たバレーチーム『はやぶさジュニア』のコーチに母親が就任したのをきっかけに、小学1年でバレーボールを始める。その後は遊ぶ暇もないほど毎日練習に打ち込み、小学3年でセッターとなった。3800gで生まれ子供の頃から身体が大きく、チーム最長身だったためアタッカーを勧める声もあったが、母親の「将来を見据えたら、セッターの方がいい」との助言に従ったと言う。

 地元の中学校に進学したものの長野県の強豪・裾花中学から誘われ、父親の猛反対を押し切って中学1年で転校。先輩の家に下宿しながらチームメイトの峯村沙紀らと活躍し、長野選抜として出場したJOC杯(全国都道府県対抗中学大会)で優勝。

 古川学園高校時代は春高準優勝。アジアユース選手権では優勝して、長身セッターとして評価され、09年に滋賀県に本拠地を置くV・プレミアリーグ、東レアローズに入団した。峯村沙紀も同期入団している。

 東レではエースセッター・中道瞳を手本に更なる成長を遂げ、12年にはアジアカップに出場。13年の第1回世界U-23女子選手権では主将を務めて銅メダル獲得に貢献した。

 15年に中道瞳が現役を引退。15/16シーズンから東レの副キャプテンとなり、キャプテンに就任した峯村沙紀とともにチームを支える。

LAST UP 2016/05/07