村上"ポンタ"秀一(むらかみ ぽんた しゅういち)

ドラマー。1951年1月1日生、兵庫県出身。大阪教育大学中退。本名:村上秀一。

芸妓ポンタ姐さんに預けられ

 家庭の事情から生後すぐに母の親友の芸妓「ポンタ姐さん」のもとに預けられて4歳まで京都の祇園で過ごし『ポンタ』と呼ばれるようになる。

得津武史に無理やり誘われ

 ブラスバンドの名門・今津中学進学後、顧問の得津武史に無理やり誘われて吹奏楽部に入部。フレンチホルンを始め、名門校のスパルタ練習で実力を付けると、得津の知人の世界的指揮者・朝比奈隆の勧めで中学2年からティンパニも担当。高校では1年生から部長兼指揮者を務めてブラスバンドに打ち込んだ。

赤い鳥に加入

 大阪教育大学に進学するも当時の学生運動に嫌気が差して3日で中退。実家を勘当されたためバンドボーイとして働き始めると、その頃にジョン・コルトレーンの【 インプレッションズ 】を聴いてドラムに興味を持って自己流で練習に励み、72年にオーディションに合格してフォークグループ【 赤い鳥 】に加入。ドラマーとして活動を始め、翌年には【 赤い鳥 】のギタリスト・大村憲司らと【 エントランス 】を結成。その後も【 バンブー 】や【 カミーノ 】などのバンドに参加し、自身がリーダーのピアノ・トリオ【 PONTA BOX 】も結成した。

14000曲超のレコーディング

 セッションドラマーやスタジオミュージシャンとしても活動し、沢田研二、矢沢永吉、山口百恵、ピンクレディー、松田聖子など数多くのミュージシャンのほかガッチャマンや宇宙戦艦ヤマトのテーマも担当、14000曲を超えるレコーディングを手がけた。

7(SEVEN)結成

 98年のデビュー25周年記念アルバム【 Welcome To My Life 】、03年の30周年記念アルバム【 MY PLEASURE 】には豪華ゲストが参加。35周年の08年には本多俊之、斎藤ノブらとスーパーバンド「7(SEVEN)」を結成した。

LAST UP 2009/09/20