金村義明(かねむら よしあき)

元プロ野球選手。1963年8月27日生、兵庫県出身。報徳学園高校卒業。在日コリアン三世。旧名:金義明(キム ウィミョン)。現在は日本に帰化している。

憧れの報徳学園

 大の高校野球好きの母親の影響で、子供の頃から野球に明け暮れる。74年春の甲子園で優勝した地元兵庫の報徳学園に憧れ、同校に入って甲子園で優勝することを夢見るようになる。

 中学から報徳学園に進学し、2年生からエースとして活躍。高校進学後は1年生からベンチ入りして3年春に4番・エースとして自身甲子園初出場。しかし1回戦で大府高校に敗れ、相手エースの槙原寛己(後に巨人で活躍)の剛速球にショックを受け、ピッチングより打撃に力を入れるようになったという。

甲子園優勝投手に

 春夏連続出場を果たした夏の大会では優勝して甲子園優勝投手となる。大会後高校選抜に選ばれて韓国遠征に参加。家族とともに渡韓すると、プロリーグの開幕を翌年に控え野球熱が盛り上がっていた韓国で熱烈な歓迎を受けた。帰国後国籍を朝鮮籍から韓国籍に変更している。

ドラフト1位で近鉄入団

 81年のドラフト会議では憧れの長池徳士がコーチを務めていた阪急ブレーブス(現オリックス・バファローズ)を希望したが、1位指名で阪急と近鉄が競合し、近鉄バファローズ(現オリックス・バファローズ)に入団。

いてまえ打線の一角として

 プロ入り後三塁手となり、1年目はジュニアオールスターで史上初のサイクルヒットを達成してMVPを獲得し、9月に一軍デビュー。その後は一軍と二軍を行き来する日々が続いたが、84年に二軍打撃コーチに就任した佐々木恭介のもとで猛特訓に打ち込み、4年目の85年から一軍定着。5年目にレギュラーを獲得し、『いてまえ打線』の一角として活躍した。

中日西武を渡り歩く

 95年にFAで中日、97年にトレードで西武と渡り歩いた後、99年に現役を引退。現在は野球解説やタレントとして活躍。87年に結婚した2歳上の衣里夫人との間には三男をもうけ、09年3月には長男と一緒に東京マラソンを完走している。

 18年には夏の甲子園第100回大会を記念して行われたレジェンド始球式に登板した。

通算成績

1262試合 939安打 127本塁打 487打点 打率.258 盗塁34。

LAST UP 2019/03/04