ワダマメドットコム

話題の人物のプロフィール、生い立ちを有名人、芸能、スポーツ選手などジャンルにとらわれずに紹介しています

吉田真未(よしだ まみ)

元バレーボール選手。1986年6月5日、福岡県出身。博多女子高校卒業。ポジション:リベロ。身長160cm。ニックネーム:ガッツ。現姓:遠田。

大久保嘉人といとこ

 同じ福岡県京都郡出身のサッカー元日本代表・大久保嘉人はいとこで、幼い頃はよくお互いの家に泊まりあったという。

レシーブを叩き込まれ

 小学2年でバレーを始めると、抜群の身体能力でみるみる上達。中学時代はアタッカーだったが部員が3人しかいない時期があり、その分しごかれ、レシーブを叩き込まれたことが、粘り強く食らいつく後のプレーにつながったと言う。

高校でリベロ転向

 名門・博多女子高校に進学し、リベロに転向。ガッツあふれるプレーから「ガッツ」のニックネームをつけられた。偶然にもガッツ石松と同じ誕生日(6月5日)。

パイオニア入団

 05年にVリーグ・パイオニアレッドウィングスに入団。当時のチームメイトで全日本選手の吉原知子、多治見麻子らに刺激され、2年目の06/07シーズンからレギューに定着。

全日本に選出

 キャプテンとしてチームをまとめながらリーグ屈指のリベロとして活躍し、13年には初めて全日本に選ばれた。

引退結婚出産

 14年5月にパイオニアレッドウィングスの廃部が発表される。それに伴い、7月に現役引退と結婚を発表した。15年に第一子の長男を出産し、現在は一男一女の母。

 現在はバレーの指導や解説などを行っている。

関連人物

吉原知子

LAST UP 2020/05/22