佐藤美弥(さとう みや)

バレーボール選手:日立リヴァーレ所属。1990年3月7日生、秋田県出身。嘉悦大学卒業。身長175cm。ポジション:セッター。ニックネーム:ミイ

 秋田県秋田市に3人兄妹の末っ子として生まれる。後のチームメイト・江畑幸子(現PFU)は幼稚園の同級生。

 友達に誘われ、小学4年でバレーを始める。水泳とピアノをやめてバレーに専念し、6年生でセッターに抜擢。所属していた「港北スポーツ少年団」の指導は厳しく、泣きながらトスをあげたこともあったという。

 地元の強豪・聖霊女子短期大学付属高校に進学し、チームメイトとなった江畑とともに活躍して、3年生の時に地元・秋田で開かれた国体で3位。高校限りでバレーをやめるつもりだったが、菅原貞敬(元日立監督)に「東京の大学へ行ってバレーを続けなさい」と勧められ嘉悦大学に進学。

 大学では主将も務め、東西インカレで優勝して、MVPを受賞。10年には全日本メンバーに登録され、卒業後当時V・チャレンジリーグだった日立リヴァーレに入団、再び江畑とチームメイトとなる。

 12/13シーズンでチームのV・プレミアリーグ昇格に貢献。15/16V・プレミアリーグではチーム初のファイナル進出に貢献し、敢闘賞とベスト6を初受賞。16年はリオ五輪に向けた全日本合宿に参加したが、メンバーには選ばれなかった。

 長身のセッターとして現在は日立の主将を務めながら、全日本でも活躍し、17年のアジア選手権では10年ぶりの優勝に貢献した。

LAST UP 2017/09/03