小山明子(こやま あきこ)

女優。1935年1月27日生、千葉県出身。神奈川県立鶴見高校卒業。本名:大島明子(旧姓:臼井)。夫は映画監督の大島渚。

スカウトされ女優に

 4人の兄の下に末っ子として生まれる。生まれは千葉だが幼い頃に東京に転居し、戦時中は大阪や埼玉で過ごす。戦後横浜に居住し、高校卒業後デザイナーを目指して横浜ドレスメーカー女学院に入学。校内のファッションショーでモデルを務めたのがきっかけでスカウトされ、54年に映画会社・松竹に入社した。父親は映画界入りに大反対だったが、当時の松竹社長・城戸四郎が一高、東大の先輩だったためしぶしぶ認めたと言う。

大島渚と結婚

 10歳の時に死去した母親の旧姓からとって芸名を「小山明子」とし、55年に映画【 ママ横をむいてて 】で主演デビュー。同年の2作目【 新婚白書 】で助監督だった大島渚と出会い、3作目の【 稚子の剣法 】撮影中に交際を開始。60年に結婚し、翌年大島と共に松竹を退社して独立プロ「創造社」を設立。その後もテレビや映画で活躍を続け、【 飼育 】を初め大島渚監督作品にも数多く出演した。私生活では63年に長男・武(東京工芸大学芸術学部教授)、69年に次男・新(映画監督)を出産している。

介護でうつに

 96年に大島渚が脳出血で倒れる。以降懸命に介護を続けるも、自身も介護疲れから来るうつ病を患って入退院を繰り返す。一時は死を考えるほど深刻だったと言うが現在は完治して介護を続け、10年には金婚式(結婚50周年)を迎えた。

 一方で01年に個人事務所・小山明子事務所を設立して介護体験に基づく講演や執筆活動などを行い、08年には【 パパはマイナス50点 】で日本文芸大賞エッセイ賞を受賞している。

大島渚死去

 13年1月、大島渚が肺炎のため死去した。80歳だった。

LAST UP 2013/01/15