石井ふく子(いしい ふくこ)

テレビプロデューサー。1926年9月1日生、東京都出身。東京女子経済専門学校卒業。

東京下谷生まれ

 花柳界のあった東京・下谷で生まれる。母・のぶ子さんが恋人と別れた後に妊娠が分かり、一人でふく子を出産。のぶ子さんが芸者として忙しく働いていたため、主に祖母の手で育てられた。実父は1度も会うことなく死去している。

母が俳優・伊志井寛と再婚

 4歳で日本舞踊を始め、踊りの師匠を目指すも13歳で脚気にかかって断念。その後胸も患うなど病気がちな学生時代を送る。一方で13歳の時に祖母が死去し、その後は親戚や知人の家を転々としたが、のぶ子さんが俳優・伊志井寛と再婚。戦火が激しくなり、三人で山形に疎開した。

長谷川一夫の勧めで女優に

 終戦後東京に戻り、伊志井寛の後輩俳優・長谷川一夫のもとで居候生活を送ると、長谷川の勧めで新東宝ニューフェイスを受験。合格して女優となり、47年に映画【 大江戸の鬼 】でデビュー。しかし身体を壊して49年に引退した。

番組制作に参加するように

 休養を経て、不動産会社・日本電建に入社し、宣伝部に配属されて新聞広告やチラシなどを担当。同社が東京放送(TBS)のラジオドラマのスポンサーになったため収録現場に立ち会うようになり、自らもアイデアを出すなど番組制作に参加するようになった。32歳の時に結婚したが後に離婚している。

編成局長に誘われてプロデューサーに

 その後東京放送がテレビ放送を開始すると人手が足りなくなり、編成局長に誘われてプロデューサー業を始め、58年にプロデュース第1作となるテレビドラマ【 橋づくし 】を制作した。当初は日本電建と掛け持ちで働いていたが、61年に日本電建を退社し正式にTBSの社員となった。

渡る世間は鬼ばかりなど

 以後プロデューサーとして活躍し『東芝日曜劇場』や【 肝っ玉かあさん 】、【 ありがとう 】【 渡る世間は鬼ばかり 】など数多くの人気ドラマのプロデュースを担当。舞台演出家としても活動し、多くの舞台を手掛けた。

LAST UP 2007/07/06