藤田まこと(ふじた まこと)

俳優。1933年4月13日-2010年2月17日。東京都出身。堀川高校中退。本名:原田眞。

父は映画スター

 無声映画のスター・藤間林太郎の次男として、東京・池袋で生まれる。幼い頃に母親が死去、小学生の時に父親が再婚したが継母にはなじめず、「お母さん」とも呼べなかったという。

 10歳で京都へ引越し、終戦後の46年に知人の家の養子となるも、その後兄が戦死していたことが分かり、数ヶ月で元の家に戻る。

旅一座に参加

 終戦後は靴磨きなどをして日銭を稼いでいたが、高校1年の時、父がやっていた旅一座の手伝いを始めると父の芸名から藤の字をもらった芸名『藤田まこと』として舞台に出演するようになり高校を1年で中退、旅興行について廻るようになった。

コメディアンに転身

 その後本格的に歌手を目指し、歌手のディック・ミネのかばん持ちや前座歌手をしていたが、代役として始めた歌謡ショーの司会が評判を呼び、数多くの歌謡ショーを担当する人気司会者となる。しかし漫才師・中田ダイマルに芸人への転身を勧められたため司会者をやめて中田のもとでコメディアン修業をはじめ、57年に【 びっくり捕物帳 】でテレビ初出演を果たすと62年にスタートして大ヒットした番組【 てなもんや三度笠 】で絶大な人気を獲得した。

中村主水

 しかし68年に放送が終了すると人気が低迷し、その後はキャバレー回りなどをしていたが、73年に「中村主水」役で出演した時代劇【 必殺仕置人 】が大ヒットして再び人気を獲得、肩書きもそれまでの「コメディアン」から「俳優」となった。

はぐれ刑事

 その後は『必殺シリーズ』や【 はぐれ刑事純情派 】などのテレビドラマのほか映画、舞台、CMなどでも活躍。93年にはバブル崩壊により夫人の事業が倒産したため約40億円の借金を抱えたが完済した。

 08年に食道がん、09年には慢性閉塞性肺疾患を患って一時療養生活を送ったが仕事復帰。しかし10年2月、大動脈瘤破裂のため死去した。76歳だった。

LAST UP 2010/02/18