えなりかずき

俳優。1984年11月9日生、東京都出身。本名:江成和己(えなりかずき)。成城大学文芸学部文化史学科卒業。

3歳で芸能活動を開始

 元ミュージシャンの父と元歌手の母の間に生まれる。生まれた時、モテなかった若い頃の自分そっくりな顔にショックを受けた父親が、有名になって世間に見慣れてもらった方が良いと考え、3歳の時にプロを目指してゴルフを教えてみたが、興味を示さずすぐに断念。次に考えたのが児童劇団で、幼稚園代わりに児童劇団に入団して3歳から芸能活動を始める。

渡る世間は鬼ばかり

 劇団はすぐに退団したが芸能活動は続け90年、5歳の時に柳葉敏郎主演の【 ホットドッグ 】でドラマデビュー。『ダイブツ君』役で人気を得ると、同年からは【 渡る世間は鬼ばかり 】にも出演、代表作の一つとなった。01年にはつんくプロデュースの【 おいらに惚れちゃ怪我するぜ 】で歌手デビューし、同年の『NHK紅白歌合戦』に初出場。

成城大学を卒業

 芸能活動の一方、通信制の高校を卒業し一浪の末、04年に成城大学に合格。日本史を専攻し、多忙ながらも4年間熱心に通って、08年3月に卒業した。

所属事務所

 現在弟で俳優の江成正元とともに父・江成正人さんが社長、母・ゆりさんがマネージャーを務めるプロダクションに所属している。

LAST UP 2017/08/15