荒川静香(あらかわ しずか)

プロフィギュアスケーター:プリンスホテル所属。早稲田大学教育学部卒業。1981年12月29日生、神奈川県出身。身長1656cm。

天才少女

 5歳でスケートを始め、小学校入学後本格的にフィギュアスケートに取り組むと見る見る上達し、10歳で3回転ジャンプをマスター。「天才少女」として注目を集め、中学時代は全日本ジュニア選手権で史上初の3連覇を達成、3年生の時には初出場の全日本選手権で2位に入賞した(優勝は村主章枝)。

長野五輪出場

 東北高校に進学した97年からシニアに転向し、同年の全日本選手権でライバル・村主章枝を破って初優勝。同時に1枠しかなかった五輪代表の座を獲得し、98年の長野五輪は13位、同年に初出場した世界選手権は22位だった。

日本人3人目の世界女王

 2000年に自己推薦入試で早大に進学。01年の全日本選手権では村主に敗れてソルトレークシティー五輪代表を逃したが、03年にユニバーシアード、アジア大会で優勝。04年には日本人3人目の世界選手権優勝を果たした。

 採点方式の変更もあり、ディフェンディングチャンピオンとして臨んだ05年の世界選手権は9位に終わったが、同年の全日本選手権で3位に入って五輪代表の座を獲得(優勝・村主、2位・浅田真央)。

日本人初の金メダル

 フリープログラムの曲目を【 幻想即興曲 】から【 トゥーランドット 】に変えて臨んだ06年トリノオリンピックでは日本人で初めてフィギュアスケート金メダルを獲得。一躍時の人となってテレビドラマ 【 7人の女弁護士 】にもゲスト出演、『イナバウアー』で2006年の年間流行語大賞も受賞した。

日本人3人目の殿堂入り

 トリノ後アマチュアを引退してプロフィギュアスケーターに転身。スポーツキャスターとしても活躍する傍ら、橋本聖子会長のもと12年に日本スケート連盟理事に就任し、14年には副会長に抜擢。18年には伊藤みどり、佐藤信夫に続く日本人3人目の世界殿堂入りを果たした。

結婚出産

 2013年の自身の誕生日(12月29日)に一般男性と結婚し、14年に長女、18年に長男を出産している。

LAST UP 2019/02/11