安藤美姫(あんどう みき)

フィギュアスケーター。1987年12月18日生、愛知県出身。中京大学体育学部卒業。身長162cm。

遅めのスタートも

 8歳でフィギュアスケートを始める。フィギュア選手としては遅めのスタートだったが、すぐに才能を認められて門奈裕子コーチの本格的な指導を受け、次々と高度な技をマスター。「ジャンプの天才」として期待を集める。なおスケートを始めた直後に父親が交通事故で死去している。

女子世界初の4回転ジャンプ

 門奈のもとは4年で離れ、その後は地元・名古屋で小塚幸子(小塚崇彦の母)、週末は新幹線で横浜に通って佐藤信夫久美子の指導を受け、01年に全日本ジュニア、ジュニアグランプリ(JGP)ファイナルで優勝し、初出場の全日本選手権でも3位。翌02年12月に特別出場したNHK杯のエキシビジョンで4回転サルコウを決めると、2週間後のJGPファイナルでも成功。女子選手世界初の公式戦4回転ジャンプを決め、ギネスブックにも登録された。

ジュニアタイトルを総なめ

 迎えた03-04年シーズンは全日本ジュニア、JGPファイナル、世界ジュニアとジュニアタイトルを総なめにし、全日本選手権も初優勝、初出場の世界選手権でも4位に入る。なお公式戦で4回転を成功させたのは同全日本選手権(03年12月)が最後。

アイドル的人気も取材攻勢に嫌気が

 04年はテレビ番組『トリビアの泉』に出演して話題になり、全日本連覇も達成して『ミキティ』のニックネームでアイドル選手となる。しかし取材攻勢などに嫌気が差し、引退も考えたが、05年に練習拠点をアメリカに移してキャロル・ヘイス・ジェンキンスのコーチを受けると再びスケートに熱中。

日本人4人目の世界女王に

 しかし05-06年は3連覇を目指した全日本で6位。トリノ五輪は4回転に挑戦するも失敗して15位に終わり、大会後コーチをニコライ・モロゾフに変更。門奈のコーチも受けて復調し、06-07年はスケートアメリカでグランプリ(GP)シリーズ初優勝を飾り、世界選手権でも初優勝。日本人4人目の世界女王に輝いた。

 08年世界選手権は怪我で途中棄権したが、09年は銅メダルを獲得。09-10年はGPシリーズ2連勝を飾り、ファイナルは2位。バンクーバー五輪は5位、世界選手権は4位だった。

4年ぶり2度目の世界女王

 10-11年はGPシリーズ2連勝するもファイナルは5位に終わったが、全日本選手権では6年ぶり3度目の優勝。四大陸選手権はフリー(134.76点)、合計(201.34点)ともに自己最高をマークし初優勝。世界選手権でも4年ぶり2度目の優勝を成し遂げた。大会後モロゾフコーチとの師弟関係を解消している。

 11-12年は10月のジャパン・オープン出場後、残り試合を欠場。12-13年はグランプリシリーズにエントリーしていたが、コーチ不在による調整不足などを理由に欠場を発表。

女児を出産

 13年1月、それまで所属していたトヨタ自動車を退社。7月に『報道ステーション』に出演し、4月に女児を出産していたことを発表。13-14年シーズン限りで引退することも発表し、13年12月、3年ぶりに出場した全日本選手権で7位に終わってソチ五輪出場ならず、現役を引退した。

 現在はプロフィギュアスケーターとして活躍、テレビ出演などもこなしている。

LAST UP 2019/08/19