話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

由紀さおり(ゆき さおり)


歌手。1948年、群馬県出身。本名:安田章子(やすだ あきこ)。
姉は声楽家・安田祥子

 群馬・桐生で生まれたが3歳で横浜に転居。 5歳の時に姉・祥子の後を追って家の近所に練習場があった「ひばり児童合唱団」に入団すると小学1年からは祥子が所属していたコロムビアレコードに所属し童謡歌手として活躍した。
 高校在学中の65年に【 ヒッチハイク娘 】でデビューしたがレコードは売れず、以後はコマーシャルソングなどを歌っていたが、その頃出会った音楽ディレクターと69年に20歳で結婚。一方で同年に芸名を「由紀さおり」として【 夜明けのスキャット 】で再デビューすると【 夜明けのスキャット 】は大ヒット、その後もヒット曲に恵まれて人気歌手となりドラマ、映画などでも活躍した。しかし結婚後多忙になったことなどもあり、別居を経て結婚15年目に離婚している。
 82年に由紀のコンサートに姉・祥子がゲスト出演して二人で童謡を歌ったことが反響を呼んでその後も共演を重ね、86年に童謡コンサートをスタート。童謡コンサートは好評を博し、童謡アルバム【 あの時、この歌 】もこの分野では異例のヒットを記録してNHK紅白歌合戦にも出場した。
 現在童謡コンサートのほか全国の中学校を巡り「手作り学校コンサート」なども行い童謡の普及に努めている。

LAST UP 2006/10/19
 
作品
【 主な音楽作品 】 【 主な出演作品 】 【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp 
関連人物
安田祥子
関連項目
2012年第63回NHK紅白歌合戦出場者一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ