話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

吉村禎章(よしむら さだあき)


読売ジャイアンツ一軍打撃総合コーチ。背番号87。1963年4月27日生、奈良県出身。PL学園高校卒業。 180cm、89kg。左投左打。

 小学生で野球を始める。大ファンだった王貞治に憧れて練習に打ち込み、高校時代は主将を務めた81年春の甲子園で優勝。同年秋のドラフトでは巨人から3位指名されるも、法政大学進学を希望していたため入団を拒否したが、憧れの王貞治助監督(当時)に説得され巨人入りした。同期には1位指名の槙原寛己、5位の村田真一らがいる。
 背番号55を与えられ、高校時代の一塁手から外野手に転向すると、一軍定着した2年目の83年に規定打席不足ながら打率.326をマーク。その後も毎年3割を超え、背番号を7に変えた86年から2年連続でベストナインに選ばれ、87年には30本塁打を記録。
 原辰徳とクリーンアップを打ち、「ONの後継者」として大きな期待を集めていたが、88年7月、札幌・丸山球場で守備の際、栄村忠広選手と激突。膝を支える4本の靱帯のうち3本を断裂し、プロ野球史上最悪ともいわれる大怪我を負う。選手生命も危ぶまれたがアメリカでフランク・ジョーブ博士の手術を受けた後、ベトナム戦争で両脚を失った兵士や障害を持つ子供の励ましを受けて懸命なリハビリに励み89年9月、423日ぶりの試合復帰を果たした。
 翌90年は規定打席不足ながら84試合に出場して打率.327、14本塁打を記録したほか、リーグ優勝を決めるサヨナラホームランを放ち、カムバック賞も受賞。松井秀喜が外野のレギュラーに定着した94年以降は代打の切り札として活躍し、キャプテンを務めた98年シーズンを最後に現役を引退した。
 引退後も巨人で打撃コーチ、二軍監督、一軍野手総合コーチを歴任し、一軍打撃コーチだった11年シーズン終了後退団。15年にはU-15日本代表監督を務めた。
 17年10月、一軍打撃総合コーチとして巨人に復帰した。
 通算成績:1349試合 964安打 149本塁打 535打点 打率.296 40盗塁。

LAST UP 2018/11/25
 
作品
関連人物
江川卓 川相昌弘 桑田真澄 篠塚和典 高橋由伸 原辰徳 水野雄仁 元木大介

トップページへ戻る

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ