話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

吉原知子(よしはら ともこ)


スポーツコメンテーター。元バレーボール選手。1970年、北海道出身。
妹背牛商業高校卒業。身長180cm。ニックネーム:トモ。

 バレーの町として有名な北海道の妹背牛(もせうし)町に生まれ、妹背牛中学校入学後にバレーボールを始める。道内トップレベルの強豪校ゆえのスパルタ式の過酷な練習に耐え、1年生から全国中学生大会に出場、3年生の時には中学選抜に選ばれた。
 妹背牛商業高校時代は3年連続でインターハイに出場し、3年生の時に全日本に初選出。 大学進学も考えていたが日立黄金時代を築いた名将・山田重雄監督から直々にスカウトされされ、88年に日立に入社した。
 以降日本NO.1センタープレーヤーとして92年のバルセロナオリンピック出場(5位)など全日本、日立で活躍していたが、 94年にプロ化を巡ってチーム内に混乱が生じ、11月に大林素子と共に突然日立を解雇される。寮からも即日退去を命じられるなどショックを受けたが、 気分新たに活躍の場を海外に求めて95年1月に大林とともにイタリアのプロリーグ・セリエAの「アンコーナ」に入団。しかし外国人枠のため出場機会に恵まれず、2月に「ローマ」に移籍するとレギュラーに抜擢。中心選手として活躍し、人気も集めていたが、当時Vリーグ所属の選手しか全日本に選出されないという規定があったため、アトランタオリンピック出場を目指して同年5月に帰国し、ダイエーに入社した。
 ダイエーでは大きな影響を受けたというアリー・セリンジャー監督のもとで活躍し、96年のアトランタオリンピックにも出場(9位)したが、99年に東洋紡オーキスに移籍。東洋紡オーキスでは当時の監督、柳本晶一のもと第6回Vリーグで敢闘賞を受賞しベスト6にも選ばれる活躍を見せたが、 当時全日本が若返りのために設けていた年齢制限に引っかかり、シドニーオリンピック予選のメンバーには選ばれなかった。
 02年5月に東洋紡バレーボール部の廃部によりパイオニアレッドウィングスに移籍すると、 03年に就任した柳本晶一監督のもとで7年ぶりに全日本に復帰し主将に就任。プレーだけでなく精神的支柱としてもチームを引っ張り、 アテネオリンピック出場権獲得に導いた。アテネオリンピック5位。
 06年5月に現役を引退。現在はスポーツコメンテーターとして活躍している。

LAST UP 2007/12/05
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
大林素子 荻野正二 木村沙織 中田久美 柳本晶一 吉田真未

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ