話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

吉田日出子(よしだ ひでこ)


女優。1944年、東京都出身。都立北園高校卒業。本名:平松日出子。

 母親は妊娠時、東京に住んでいたが、徴兵された父親の滞在地・石川県金沢に出向いて日出子を出産。その後父親が戦死したため最初で最後の親子対面となった。
 戦時中は新潟で疎開生活を送り、終戦後東京に戻ると母親が再婚。なお母親は病院に勤務したのち、日出子が中学生の時に内科小児科医院を開業している。
 子供の頃から映画やラジオドラマが好きだったこともあり、高校時代は演劇部に入部。同期に江守徹もいたが、演劇のスタイルが合わず1年で退部。しかし芝居への憧れは消えず、高校3年の時に姉に連れられていった「劇団俳優座」の舞台に感動し、62年に第14期生として俳優座養成所に入所した。同期には串田和美、原田芳雄らがいる。
 3年間の養成所の授業にはあまり真面目に取り組まなかったものの、養成所卒業公演での演技が評価され、卒業後劇団「文学座」に入団。しかし1本舞台に出演しただけで1年で退団し、66年に串田和美、村井国夫、地井武男らと劇団「自由劇場」を旗揚げした。
 以後、同劇団を中心に活躍し、特に79年初演の【 上海バンスキング 】は高い評価を受け、自身の代表作の一つとなっている。「自由劇場」は「オンシアター自由劇場」に改称した後、96年に解散した。現在、個性派女優としてドラマ、映画、舞台など幅広く活躍している。

LAST UP 2007/10/15
 
作品
【 主な出演作品 】 【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp 
関連人物
村井国夫

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ