話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

与田剛(よだ つよし )


中日ドラゴンズ監督。1965年12月4日生、千葉県出身。亜細亜大学卒業。182cm、84kg。右投右打。背番号92。妻は木場弘子

 巨人ファンだった父親の影響で、10歳で本格的に野球を始める。中学時代はコントロールの悪さからエースになれず、外野手兼控え投手。一方で病気で入院していた父親に代わり、新聞配達をして家計を助けた。
 木更津中央高校(現木更津総合高校)に進学し、2年生でエースとなる。持ち前の速球はプロのスカウトからも注目されたが、制球の悪さから目立った活躍はできず、甲子園出場もならず。
 大学1年の時に父が死去。大学時代は怪我に苦しみ、3年生の時に手術も受けたため、4年間の公式戦は1勝のみに終わる。しかし社会人の名門・NTT東京に入社すると2年目からエースとして活躍し、日本代表にも選ばれインターコンチネンタルカップやアジア選手権に出場した。
 89年のドラフト会議では他球団が野茂英雄を指名する中、星野仙一監督が与田を熱望し、中日ドラゴンズが1位指名。在京球団を希望していたものの、星野の熱意に応え入団した。
 90年シーズンではルーキーながら開幕戦から抑え投手として活躍し、8月には当時の日本最速記録157キロをマーク。オールスターにもファン投票1位で選出されて第3戦に先発登板、清原和博(当時西武)に直球勝負を挑むも場外ホームランを打たれた。
 同年は31セーブを挙げ最優秀救援投手賞、新人王を受賞したが、翌年は「2年のジンクス」に苦しみ0勝2セーブ。3年目こそ23セーブを挙げたが以降怪我や不調に苦しみ、千葉ロッテ、日本ハム、阪神と渡り歩いた後2000年のシーズンを最後に現役を引退した。
 引退後は解説者として活動していたが、09年の第2回WBCでは日本代表投手コーチ(ブルペン担当)として大会2連覇に貢献。13年の第3回WBC日本代表でも投手コーチを務めた(準決勝敗退)。
 15年11月、楽天一軍投手コーチに就任。18年は二軍投手コーチ。18年10月に中日ドラゴンズ監督に就任した。
 現役通算成績:148試合8勝19敗59セーブ 防御率4.58 奪三振212。

LAST UP 2018/11/13
 
作品
関連人物
池山隆寛 小笠原道大 木場弘子 原辰徳 星野仙一 松坂大輔 山田久志 山本浩二
関連項目
WBC日本代表:2009年第2回大会 2013年第3回大会

トップページへ戻る

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ