話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

八代亜紀(やしろ あき)


歌手。1950年、熊本県出身。八代市立第六中学校卒業。
本名:増田明子。旧姓:橋本。

 大の歌好きだった祖父や父の影響で幼い頃から浪曲や歌謡曲に親しみ、祖父・父譲りのハスキーボイスで町内の集まりやお祭りなどでも歌っていたものの、元々人前で歌うことは好きではなかったが、小学5年の時に出合った【 ジュリー・ロンドン 】のレコードに衝撃を受け、クラブ歌手に憧れるようになった。
 中学卒業後、バスガイドになったが3ヶ月で退社し、父親の猛反対を押し切ってクラブ歌手を目指して15歳で上京。 美人喫茶で歌い始めると実力を買われて数多くの店から誘われた末、銀座の高級クラブに移り、念願のクラブ歌手になった。 クラブ歌手になると今度はレコード会社から声がかかるようになったが、レコードデビューを目指していたわけではなく、初めは断っていたが「君の歌に命を賭ける」の口説き文句に心を動かされ、 71年に出身地・熊本県八代市からとった芸名「八代亜紀」となり【 愛は死んでも 】でデビューした。
 しかしレコードは全く売れず、キャバレー回りや前座歌手をする日々が続いたが、72年に歌手生命を賭けて出場したテレビ番組「全日本歌謡選手権」で10週勝ち抜いて注目を集め、直後に出した【 恋街ブルース 】がヒット。翌73年には【 なみだ恋 】が大ヒットして日本レコード大賞歌唱賞、日本有線放送大賞優秀賞などを受賞し、『NHK紅白歌合戦』初出場も果たすと、その後も【 おんなの涙 】【 舟唄 】など数多くのヒット曲に恵まれ、歌手としての地位を不動のものにした。
 80年には【 雨の慕情 】が大ヒットし、【 ふたりの夜明け 】がヒットした五木ひろし と賞争いを繰り広げ「五八戦争」と呼ばれた。同年のレコード大賞・大賞は八代が受賞している。【 夜のめぐり逢い 】など石原裕次郎とのデュエットも多い。最近では歌だけでなく絵画の評価も高く個展なども開催している。

LAST UP 2007/11/15
 
作品
【 主な音楽作品 】 【 主な出演作品 】 【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
石原まき子 五木ひろし 島倉千代子

トップページへ戻る

Copyright(c)2007 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ