話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

柳本晶一(やなぎもと しょういち)


元バレーボール全日本女子監督。1951年6月5日生、大阪府出身。
大阪商業大学付属高校卒業。

 子供の頃は野球少年だったが入学した中学校の野球部が休部していたため、しかたなくバレーボール部に入部すると、64年の東京オリンピックで金メダルを獲得した「東洋の魔女」の活躍に感動して練習に打ち込むようになった。
 高校時代は2年連続全国大会で準優勝して「高校ナンバー1プレーヤー」と呼ばれ、全日本ユースにも選出されると数々の大学、実業団から誘われ、70年に実業団の帝人三原に入社。71年には新日鐵に移籍し、名セッターとして新日鐵黄金時代を築いた。しかし22歳から選出された全日本では当時「世界1のセッター」といわれた猫田勝敏がいたためレギュラーにはなれず、優勝候補だったモントリオール五輪では4位に終わり、メダル獲得はならなかった。
 80年に新日鐵の選手兼任監督となり指導者としての活動を始めると82年に日本リーグで優勝。その後タイの男子ナショナルチームを率いて東南アジア競技大会優勝、地域リーグ・日新製鋼の選手兼任監督として日本リーグ昇格を果たすなど手腕を発揮し、91年に選手を引退して日新製鋼の専任監督となった。
 97年に日新製鋼バレー部が廃部したため、同年にVリーグ・東洋紡オーキスの監督に就任して女子の指導を開始。2度のVリーグ優勝を果たしたが、02年に東洋紡バレー部が休部した。なお休部後気分転換のため全日本女子ジュニアの練習に顔を出し、大山加奈栗原恵らを指導している。
 指導者としての実績を買われて03年2月に全日本女子の監督に就任。2000年にシドニー五輪予選で敗退して女子バレー史上初めて五輪出場を逃し、02年の世界選手権では史上最低の13位に終わるなど低迷していた全日本の再建に乗り出し、当時高校卒業したてで、まだVリーグデビューもしていなかった大山加奈、栗原恵を抜擢、吉原知子を7年ぶりに全日本に復帰させるなど大胆な選手起用が成功し、03年のワールドカップでバレーブームを巻き起こした。
 2大会ぶりに出場した04年のアテネオリンピックは5位。07年9月のアジア選手権では24年ぶりの金メダルを獲得したが、同年11月のワールドカップは7位。08年の北京オリンピックは準々決勝敗退で2大会連続の5位に終わり、監督を退任した。後任は眞鍋政義。

LAST UP 2008/12/06
 
作品
関連人物
荒木絵里香 大友愛 大村加奈子 大山加奈 狩野舞子 木村沙織 栗原恵 佐野優子 高橋みゆき 竹下佳江 吉原知子 渡辺啓太
関連項目
北京オリンピック特集>選手名鑑北京五輪バレーボール全日本女子一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ