話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

山本隆弘(やまもと たかひろ)


元プロバレーボール選手。1978年7月12日生、鳥取県出身。日本体育大学卒業。ポジション:オポジット。201cm、93kg。ニックネーム:タカヒロ。

 子供の頃から大のスポーツ好きで、小学生の時は野球に打ち込むも肘を壊す。中学校はサッカーをするつもりだったが、怖い先生の勧誘を断れず陸上部に入部。しかし中学2年の時、部員が一人だけで廃部寸前だったバレー部に助っ人を頼まれ、転部してバレーボールを始めた。
 その後部員を集めて大会出場するようになると、中学3年で190cmを超えた長身で注目され、名門・鳥取商業から誘われて進学。すぐにレギュラー入りし、長身、左利きの特性を生かして活躍。全国大会に出場したほかジュニアやユースの日本代表にも選ばれ、将来を嘱望されるようになった。
 卒業後日体大に進学し、99年にユニバーシアードで銀メダルを獲得。翌年全日本デビューし、01年にパナソニックパンサーズ入団。以降パナソニック・全日本でスーパーエースとして活躍し、03年のワールドカップではベストスコアラーとMVPを獲得した。
 04年4月にプロ契約を結び、社業を離れてバレーに専念し、全日本男子3大会ぶりの五輪出場を目指したが、アテネ五輪最終予選で敗退。エースの責任を果たせず、大きなショックを受けて引退も考えたというが、06年に全日本に復帰すると同年の世界選手権ではベスト8の原動力となり、07/08V・プレミアリーグでは36年ぶりの優勝を果たしてMVPを獲得。08年の最終予選で16年ぶりとなる悲願のオリンピック出場権を獲得した。
 北京五輪は5戦全敗の1次リーグ敗退に終わり、その後は全日本から遠ざかったが、11年に五輪以来となる全日本に復帰。しかしロンドン五輪出場権獲得はならず、12-13年シーズン限りで現役を引退した。
 なお05年に元Vリーガーの熊倉由美と結婚し、09年に第一子の長女が誕生している。

LAST UP 2013/05/29
 
作品
【 著書・関連書籍 】
関連人物
植田辰哉 上原浩治 清水邦広 永野健 福澤達哉
関連項目
ロンドンオリンピック世界最終予選出場メンバー

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ