話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

山本昌(やまもと まさ)


元プロ野球選手:投手。1965年8月11日、神奈川県出身。日本大学藤沢高校卒業。186cm、87kg。左投左打。本名:山本昌広(やまもと まさひろ)。

 4200グラムで生まれる。毎日2リットルの牛乳を飲んだこともあって子供の頃から体が大きく、小学3年で野球チームに入団すると投手に抜擢。しかしエースにはなれず、中学時代も2番手だったが、エースの怪我で出番が回ってきた地区大会で好投して優勝し、スポーツ推薦で日大藤沢高校に進学。
 公式戦で完全試合を達成するも、強豪ひしめく神奈川県大会ではベスト8に終わって甲子園出場はならず。プロ入りは考えず、教師を目指して日大に進学するつもりで野球部のセレクションも受けていたが、県高校選抜として出場した大会で社会人選抜や韓国選抜を相手に快投して注目を集め、83年ドラフト会議の5位指名で中日に入団。
 しかしなかなか芽が出ず、クビも覚悟したというが、88年にロサンゼルス・ドジャースの1A、ベロビーチ・ドジャースに留学して恩師・アイク生原の指導を受け、スクリューボールを覚えたことで才能が開花。同年8月にプロ初勝利を飾ると、そのまま5連勝してリーグ制覇に貢献。翌年は9勝を挙げ、秋に再度留学すると今度はスローカーブを覚え、90年に初の2桁勝利を達成(10勝)。93年には最多勝(17勝)、最優秀防御率(2.05)の二冠に輝き、94年は2年連続の最多勝(19勝)とともに沢村賞も受賞した。
 97年に3度目の最多勝に輝いたほか最多奪三振(97年)、最優秀投手(94、97年)も獲得。06年の史上最年長ノーヒットノーラン(41歳1ヵ月)や08年の最年長200勝達成(42歳11ヵ月)など数々の最年長記録も樹立。
 08年は11勝を挙げるも、09年は1勝。10年は史上最年長完封(45歳24日)を達成してリーグ制覇に貢献。第4戦に先発した日本シリーズでは最年長登板記録を更新したが、通算6度目の登板でも悲願のシリーズ初勝利はならず、チームも日本一を逃した。
 11年はキャンプ中に右足首を痛めて26年ぶりに1軍登板なしに終わるも、12年は球団最多となる通算212勝目を挙げた。
 15年9月にプロ野球史上初の50歳での出場・登板を果たし、現役を引退。現在は野球解説者として活動している。
 プライベートは多趣味で知られ、かつては50匹クワガタを飼っていたが野球に集中するため全て手放し、200勝がかかっていた08年は「ラジコン断ち」もしたという。09年には『NHKのど自慢』で全国チャンピオンになったこともある父・巧さん(12年に死去)が【 横浜の出逢い 】で歌手デビューしている。
 通算成績:581試合 219勝165敗5セーブ 奪三振2310 防御率3.45。

LAST UP 2017/08/23
 
作品
関連人物
工藤公康 星野仙一 山田久志

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ