話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

山本浩二(やまもと こうじ)


第3回WBC日本代表監督。1946年10月25日生、広島県出身。
法政大学出身。本名・旧登録名:山本浩司。右投右打。

 広島県佐伯郡に4人兄弟の末っ子として生まれる。家族全員広島カープの大ファンで、幼い頃から度々球場を訪れたほか、カープの選手を目指して草野球やソフトボールに興じた。
 中学入学後本格的に野球を始めると1年生でレギュラーになり、2年生の時に4番ピッチャーとして郡大会優勝。高校受験では名門・広陵と無名の廿日市の両校に合格し、悩んだ末、当時野球部員がわずか10人程度だった廿日市高校に進学。甲子園出場はならなかったが1年生からエースとして活躍し、3年の県大会では7回コールドの参考記録ながらノーヒットノーランを達成。評判を聞いた当時の南海ホークス監督・鶴岡一人が練習見学に訪れ「投球はたいしたことないが打撃センスが素晴らしい。いいバッターになる」と絶賛。一方で「大学に行ってからでも遅くない」とも言われたため法政大学に進学。
 大学2年の時に打撃センスを買われて投手から外野手に転向すると才能が開花。同期の田淵幸一、富田勝とともに「法政三羽ガラス」と呼ばれ、明治の星野仙一らと熱戦を繰り広げ六大学野球を盛り上げた。
 カープ以外なら兄がいる社会人の住友金属に行くつもりだったが、68年ドラフト会議の1位指名で憧れの広島カープに入団。1年目から6番センターで開幕スタメンを果たすと、その後もレギュラーとして活躍を続け、71年には背番号を入団時の27番から8番に変更。74年オフには飛躍を期して姓名判断を受け、翌75年に登録名を本名の「浩司」から「浩二」に変更すると同年に球団初のリーグ優勝を達成。首位打者とともにセ・リーグMVPも獲得し、「ミスター赤ヘル」と呼ばれるようになった。
 「YK砲」と言われた衣笠祥雄らと広島黄金時代を築き、首位打者1回、本塁打王4回、打点王3回を獲得。83年にはサイクルヒットを記録し、84年には2000本安打を達成。通算536本塁打は大学出身選手の最多記録で現在も破られていない。一方でゴールデングラブ賞を10年連続で受賞、盗塁も通算231個を記録するなど走攻守揃った名選手としても知られる。なお今では当たり前になっているトランペットでの応援は山本のファンが始めたものだと言われる。
 86年限りで現役を引退。背番号8は球団史上初の永久欠番となり、08年に野球殿堂入りしている。引退後は解説者として活躍する一方、2度カープの監督を務め、91年にリーグ優勝。07年には北京五輪日本代表守備走塁コーチに就任。金メダルを目指すも準決勝敗退。3位決定戦でも敗れ、メダル獲得はならなかった。
 12年10月、2013年の第3回WBC日本代表『侍ジャパン』の監督に就任。大会3連覇を目指したが、準決勝でプエルトリコに敗れた。
 通算成績:2284試合 2339安打 打率.290 536本塁打 1475打点 231盗塁。

LAST UP 2013/04/01
 
作品
関連人物
上原浩治 具志堅用高 田淵幸一 星野仙一 山田久志
関連項目
2013WBC日本代表一覧 北京オリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ