話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

大友愛(おおとも あい)


元バレーボール選手。1982年3月24日生、宮城県出身。仙台育英高校卒業。
ポジション:MB。身長184cm。ニックネーム:ユウ。

 宮城県仙台市に3人兄弟の長女として生まれる。長身に目をつけた友人の姉に誘われ、中学入学後バレーを始める。初めはサボリがちだったが、2年生の時に就任した新コーチの指導で面白さを知って練習に打ち込み、宮城選抜に選ばれ、さわやか杯(全国都道府県対抗中学大会)に出場。高校時代は古川商業(現古川学園)に阻まれ全国大会出場はならなかったが、日本代表として出場した世界ユース選手権で優勝した。
 2000年にNECレッドロケッツに入団し、00-01年の第7回Vリーグで新人賞を受賞。01年には吉川正博監督の下で全日本に初召集され、グラチャンで銅メダルを獲得したが、03年に就任した柳本晶一監督の指導に馴染めず、控えにされたことに不満を抱いて全日本を辞退。しかし同年に母、翌年に祖父が相次いで他界したのを機に気持ちを改め、04年に全日本に復帰。2大会ぶりの五輪出場権獲得に貢献し、アテネ五輪にも出場した(日本は5位)。
 05年に写真集【 I Love・・・ 】を出版するなどアイドル選手として活躍していたが、06年1月にビーチバレー選手・山本辰生との結婚・妊娠を発表して現役を引退。8月に長女を出産し、子育てに専念するつもりだったものの久光製薬の眞鍋政義監督(当時)から熱心に誘われ、08年に「山本愛」として現役復帰。翌年JTマーヴェラスに移籍すると10年には眞鍋監督の下全日本に復帰し、世界選手権で32年ぶりのメダル(銅)を獲得した。
 10/11V・プレミアリーグでは創部以来初の優勝に貢献し、11年の黒鷲旗でも初優勝を飾って黒鷲賞を受賞。しかし11年9月、アジア選手権の試合中に右膝の前十字靱帯と内側側複靱帯を損傷、手術を受け全治6ヶ月でワールドカップのメンバーから外れた。
 12年3月に離婚し、以降「大友愛」として活動。最終予選のメンバーからは外れたが、ロンドン五輪のメンバーには選ばれ、28年ぶりの銅メダルを獲得。12-13年シーズン限りで現役を引退した。
 13年8月、柔道家の秋本啓之と再婚した。

LAST UP 2013/09/29
 
作品
【 主な出演作品 】 by Amazon.co.jp
関連人物
高橋みゆき 竹下佳江 柳本晶一
関連項目
ロンドンオリンピック特集>選手名鑑ロンドン五輪バレーボール全日本女子一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ