話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

山口香(やまぐち かおり)


元柔道選手。1964年12月28日生、東京都出身。
筑波大学卒業、同大学院体育学修士課程修了。

 テレビドラマ【 姿三四郎 】に憧れて小学1年で柔道を始める。なお当時まだ日本では女子柔道が競技化されていなかったため女子の大会は行われておらず、外国、特にヨーロッパから遅れをとっている状況だった。
 78年に競技化され、初めての女子の大会となる第1回全日本女子柔道選手権(現在の全日本女子選抜体重別選手権)が開催されると、13歳(中学2年)で出場して50キロ級で優勝。その後87年まで10連覇を達成した(80年からは52キロ級)。
 80年には第1回世界女子柔道選手権52キロ級で銀メダルを獲得し、84年の第3回大会では日本女子初となる金メダルを獲得。88年のソウルオリンピックでは公開競技ながら女子柔道で銅メダルを獲得するなど日本女子柔道の第一人者として活躍し『女三四郎』と呼ばれた。柔道漫画【 YAWARA! 】のモデルとも言われる。
 89年に現役を引退。引退後は筑波大学女子柔道部監督、全日本柔道連盟強化委員などを務めて後進の指導に当たり、楢崎教子(旧姓:菅原)や日下部基栄らを五輪メダル獲得に導いた。

LAST UP 2008/04/22
 
作品
関連人物
上村春樹 古賀稔彦 斉藤仁 谷亮子 山下泰裕 
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ