話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

若松勉(わかまつ つとむ)


元ヤクルトスワローズ監督。1947年4月17日生、北海道出身。北海高校卒業。

 父・竹四郎さんが社会人野球チーム「函館太洋倶楽部」で活躍した選手だったため幼い頃から野球に親しむ。はじめは右打ちだったが竹四郎さんの指示で左打ちに転向した(現役時代は右投げ左打ち)。
 中学入学後野球部に入部。当初は部員数の多さから低身長を理由に入部を拒否されたが実力を認められて入部し、1年生から二塁手のレギュラーとして活躍。一方で抜群の運動神経を買われて陸上部やバスケット部、バレーボール部の試合にも出場。子供の頃から行っているスキーの大会でも好成績を残した。
 名門・北海高校では2年夏にレギュラーとして甲子園出場を決めたが大会前に気管支炎にかかって出場ならず。その後外野手に転向し、3年夏に甲子園出場を果たした(1回戦敗退)。
 高校卒業後、電電北海道(現・NTT北海道)に入社して都市対抗野球などで活躍し、70年のドラフト会議でヤクルトアトムズ(現・東京ヤクルトスワローズ)から3位指名されて入団。1年目は規定打席不足ながら打率3割を達成するも新人王争いでは関本四十四(巨人)に敗れたが、2年目の72年は首位打者に輝き、77年には2度目の首位打者を獲得。78年に広岡達朗監督のもと球団初のリーグ優勝を果たすと日本一にも輝き、セ・リーグMVPに選ばれた。
 身長166cmと小柄ながら「小さな大打者」と呼ばれて名外野手として活躍し、2000本安打も達成。通算打率.319はレロン・リー(元ロッテ)に次ぐ歴代2位(4000打数以上)で日本選手では1位(09年1月現在)。
 89年に現役を引退。引退後解説者を経て93年に二軍打撃コーチとしてヤクルトに復帰すると二軍監督、一軍打撃コーチを経て99年、野村克也の後を受けて一軍監督に就任。01年には外野手出身監督としては初の日本一に輝くなど監督としての手腕も高い評価を受けた。05年のシーズン終了後に監督を退任し、現在は解説者として活躍。09年に野球殿堂入りを果たした。
 現役通算成績:2062試合 2173安打 220本塁打 884打点 打率.319 151盗塁

LAST UP 2009/01/14
 
作品
関連人物
荒木大輔 池山隆寛 小笠原道大 長嶋一茂

トップページへ戻る

Copyright(c)2009 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ