話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

和田勉(わだ べん)


演出家。1930年6月3日-2011年1月14日。三重県出身。早稲田大学第一文学部演劇科卒業。本名:和田勉(わだ つとむ)。妻は衣装デザイナー・ワダエミ。

 三重で生まれたが羊牧場を経営していた父のもと京都、愛知、福島と牧場を引越し、41年から鹿児島に居住。鹿児島県立鹿屋高校3年の時に受験勉強のため上京して巣鴨高校に転校し、49年に早稲田大学に進学した。映画監督・篠田正浩は大学の同期生。
 大学3年から当時テレビの本放送開始に向けて実験放送を行っていた「NHK放送技術研究所」でアルバイトを行う。その頃からテレビドラマの演出に憧れ、卒論のテーマは「テレビドラマ」。なおNHKは53年2月にテレビ本放送を開始している。
 大学卒業後の53年4月にNHKに入局し、以後ディレクターとしてテレビ放送開始直後から数々のテレビドラマの演出を担当。【 竜馬がゆく 】【 天城越え 】【 阿修羅のごとく 】などを手掛け名演出家として活躍した。59年には脚本家・依田義賢の紹介で出会い、自身が演出したドラマ【 四つの窓 】にも出演した野口恵美子(現・ワダエミ)と結婚している。
 87年の定年退職後はワダベンカンパニーを主宰し、映画監督にも挑戦。タレント、コメンテーターとしても活躍していたが11年1月、食道がんのため死去した。80歳だった。

LAST UP 2011/01/18
 
作品   

トップページへ戻る

Copyright(c)2011 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ