話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

浦田理恵(うらた りえ)


ゴールボール選手(日本代表主将):シーズアスリート所属。
1977年7月1日生、熊本県出身。

 小学5年生の時の担任に憧れ、高校卒業後福岡教員養成所に進学。熊本を離れ、福岡で一人暮らしをして教員免許取得を目指していたが、卒業の3か月前に「網膜色素変性症」を発症。徐々に視力が低下し、教育実習中に訪れたプラネタリウムで子どもの顔が見えず、教師を断念。
 日常生活に支障をきたすほど視力が低下したものの周囲には隠して引きこもり生活を送っていたが、22歳の正月、久しぶりに帰省し両親に打ち明けたことで肩の荷が下り、視覚障がいと向き合うようになる。福岡で一人暮らしを続けながら、生活訓練学校に通って白杖を使っての歩行や点字を学んだ。
 マッサージ師を新たな夢に、鍼灸・マッサージの勉強を始める。04年アテネパラリンピック日本女子の銅メダル獲得に感動してゴールボールに興味を持つと、マッサージを学んでいた国立福岡視力障害センターの体育教員・江K直樹が日本代表ヘッドコーチで、代表選手が体育館で練習していることを知ってゴールボール部に入部。運動は苦手だったが、アテネ銅メダリストで憧れの小宮正江から刺激を受けて練習に打ち込む。
 08年北京パラリンピックは8ヵ国中に7位に終わったが、12年ロンドンパラリンピックでは夏季冬季あわせて日本初の団体競技での金メダルを獲得した。
 現在は障害者スポーツ選手雇用センター『シーズアスリート』に所属し、マッサージの仕事や講演活動をしながら日本代表キャプテンを務め、リオパラリンピックで連覇を目指したが、準々決勝敗退の5位に終わった。

LAST UP 2017/08/25
 
作品
【 著書・関連書籍 】
関連項目
リオパラリンピック特集

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ