話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

植田辰哉(うえた たつや)


大阪商業大学特任教授。元バレーボール全日本男子監督。
1964年7月25日生、香川県出身。大阪商業大学卒業。身長196cm。

 小学2年で剣道を始めたが、中学1年の時に顧問が急死し剣道部が休部。長身からバレー部に誘われて入部すると、テレビで見た春高バレーに感動して、一般入試で大商大高校に進学。名門校ゆえ周りはスカウトされて入学した選手ばかりだったが、寮生活を送って毎日過酷な練習に明け暮れ、2年生でレギュラー入り。
 大学時代はキャプテンも務め、87年に新日本製鐵に入社。同年の日本リーグで新人賞を受賞し、以降センタープレーヤーとして、眞鍋政義(現全日本女子監督)らと新日鐵黄金時代を築き、日本リーグ3連覇、黒鷲旗3連覇を達成。5年連続のベスト6やスパイク賞、ブロック賞を受賞。88年には全日本に初選出され、92年バルセロナ五輪にキャプテンとして出場した(6位)。
 現役引退後99年に新日鐵(現・堺ブレイザーズ)監督に就任。02年には全日本ジュニアのコーチとなり翌年監督に昇格したが、アテネ五輪出場を逃した田中幹保の後任として04年に全日本男子の暫定監督に就任。
 翌年正式就任して「V字改革」を掲げて再建に乗り出し、ハードワークで選手を鍛え上げたほか、身だしなみや心構えも指導し、コーチやスタッフの人事にも着手。7年間全日本を離れていた荻野正二を主将に抜擢し、05年アジア選手権で10年ぶりの優勝。翌年の世界選手権は24年ぶりのベスト8。08年には自身が出場したバルセロナ以来4大会ぶりの五輪出場権を獲得した。
 北京五輪は5戦全敗で1次リーグ敗退に終わったが、09年グラチャンでは32年ぶりの4大大会のメダル(銅)を獲得。10年のアジア大会では16年ぶりの金メダル。しかし11年のワールドカップは2勝9敗で過去ワーストタイの10位だった。
 12年6月の最終予選は4位に終わり、ロンドン五輪出場はならず。監督を退任し、13年4月に大商大特任教授に就任した。なお二人息子の長男もかつて大商大高校に在籍し、春高バレーに出場している。

LAST UP 2013/04/23
 
作品
関連人物
石島雄介 荻野正二 越川優 越谷章 篠田歩 清水邦広 千葉進也 津曲勝利 富松崇彰 朝長孝介 永野健 福澤達哉 松本慶彦 山村宏太 山本隆弘 米山裕太
関連項目
ロンドンオリンピック世界最終予選出場メンバー

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ