話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

上村愛子(うえむら あいこ)


モーグルスキーヤー:北野建設所属。1979年12月9日生、兵庫県出身。
白馬高校卒業。身長156cm、体重51kg。本名:皆川愛子。旧姓:上村。

 兵庫県で生まれたが、生後すぐに心臓に穴が開いている病気「先天性心室中隔欠損症」と診断されたため、2歳で空気のきれいな長野県に転居。3歳でスキーを始め、小学校時代はアルペンスキーに打ち込む。一方で深刻ないじめに遭っていたが、大好きなアルペンは一生懸命続けたと言う。
 中学でもスキー部に入部したが、上下関係になじめず1年で退部。アルペンから離れるも2年生の時、カナダ旅行中に観戦したW杯に感動してモーグルを始める。帰国1ヵ月後の大会で優勝、翌年の全日本選手権で3位に入ってナショナルチームに選ばれた。なお中学3年の時に両親が離婚し、母親に引き取られている。
 高校1年の時に初出場のW杯で3位入賞。その後IBMのテレビCMに出演してアイドル選手として注目を集めると98年、地元で開かれた長野五輪に18歳(高校3年)で出場し、7位に入賞した。
 高校卒業後北野建設に入社し、01年の世界選手権で3位。02年ソルトレーク五輪で6位入賞し、03年にW杯初優勝。05年2月に2度目の優勝を飾ると、3月に世界選手権デュアルモーグルで3位に入って五輪代表に内定。メダル獲得を目指して「team−aiko」を結成したが、06年トリノ五輪は3大会連続の入賞となる5位だった。
 08年に3年ぶりのW杯優勝を果たすと、そのまま4連勝してモーグルでは日本人初となる年間種目別優勝が決定。最終戦で連勝を5に伸ばした。W杯5連勝はノルディック複合の荻原健司がシーズンをまたいで達成した最多記録に並び、1シーズンでは日本選手最多。
 翌シーズンのW杯開幕戦は6位に終わり連勝は5でストップしたが、09年3月の世界選手権モーグルで日本選手初の優勝を飾ると、デュアルモーグルでも優勝して2冠を達成。同時に2010年バンクーバー五輪日本代表内定第1号となる。
 4大会連続のバンクーバーオリンピックで悲願の初メダルを目指したが惜しくも4位。翌シーズンは休養し、1年9ヶ月ぶりに復帰した11年12月のW杯下部大会は2位。12年3月の全日本選手権モーグルでは5年ぶり7度目の優勝を飾った。
 なお09年6月にアルペンスキー選手の皆川賢太郎と結婚したが、ジャッジの印象などを考慮して競技では「上村」姓を使っている。
 2014年ソチオリンピックは惜しくも4位に終わって悲願のメダル獲得はならなかったが、冬季五輪5大会連続入賞の日本選手最多記録を更新した。

LAST UP 2014/02/10
 
作品
【 著書・関連書籍など 】 by Amazon.co.jp
関連人物
荻原健司 三浦豪太
関連項目
ソチオリンピック特集>選手名鑑>過去の出場選手

トップページへ戻る

Copyright(c)2014 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ