話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

津曲勝利(つまがり かつとし)


バレーボール全日本男子コーチ。1975年11月2日生、宮崎県出身。鹿屋体育大学卒業。183cm、76kg。ニックネーム:ツマ。

 小学3年でスポーツ少年団に入ってバレーボールを始める。アタッカーとして活躍し、宮崎県立都城工業高校時代は春高、インターハイともに3位。大学時代はビーチバレーにも出場し、97年の「ぴあカップ(全日本大学ビーチバレー選手権)」で優勝。
 実業団入りを望んだもののアタッカーとしては低身長ゆえ誘いがなく、大学卒業後バレー部がある病院に就職。病院で働きながらバレー部(現・大分三好ヴァイセアドラー)でプレーし、看護師を目指して学校にも通っていたが、98年からVリーグにリベロ制が導入されたのがきっかけとなり、レシーブの巧さがリベロを探していた関係者の目に留まって99年にサントリーサンバーズに入団。
 以降リベロ一筋で活躍し、01-02年の第8回Vリーグでベストリベロ賞を初受賞すると、史上初のVリーグ5連覇を達成した03-04年にはベストリベロ賞とサーブレシーブ賞を受賞。06/07V・プレミアリーグでは3年ぶりの優勝に貢献し、3回目のベストリベロ賞を受賞した。
 全日本には01年に初選出され、その後は不動のリベロとして活躍。04年アテネ五輪は最終予選で敗退したが、08年の五輪最終予選では全日本男子16年ぶりの出場権獲得に貢献。北京五輪にも出場したが、5戦全敗の1次リーグ敗退に終わった。
 10年に荻野正二ヘッドコーチのもと10年ぶりの天皇杯(全日本選手権)優勝に貢献、11/12V・プレミアリーグ限りで現役を引退した。
 引退後サントリーで営業職に就いたが、14年にサントリーサンバーズのコーチとして現場復帰。17年には中垣内祐一監督のもと全日本男子のコーチに就任した。

LAST UP 2017/09/14
 
作品
関連人物
植田辰哉 荻野正二 越川優 山村宏太
関連項目
北京オリンピック特集>選手名鑑北京五輪バレーボール全日本男子一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ