話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

塚原直也(つかはら なおや)


体操選手:朝日生命体操クラブ所属。1977年6月25日生、東京都出身。
明治大学経営学部卒業。身長166cm、体重63kg。

 体操五輪金メダリストの父・塚原光男と元体操五輪代表の母・千恵子の間に一人息子として生まれる。両親は体操選手にしようと思っていたわけではなく、子供の頃はサッカーを習っていたが、88年に現地で観戦したソウル五輪に感動し、自らの希望で小学5年で本格的に体操を始める。
 体操選手としては遅めのスタートだったが、両親が指導する朝日生命体操クラブで中国人コーチのもと過酷な練習に打ち込む。高校2年からは父のかつてのライバルで旧ソ連の英雄、ニコライ・アンドリアノフの指導を受け、2年、3年とインターハイ個人総合を連覇。大学1年で出場した96年アトランタ五輪は日本人最高の個人総合12位だった。
 同年の全日本選手権個人総合で19歳4ヶ月の史上最年少優勝を達成(2000年まで5連覇)。97年に世界選手権個人総合銅メダル、99年には銀メダルを獲得。しかし優勝候補に挙げられた2000年シドニー五輪は、団体4位、個人総合18位に終わる。以降スランプに陥り、01年にはアンドリアノフが帰国、02年の全日本選手権は29位に終わった。
 03年に復調して世界選手権団体銅メダルを獲得し、全日本社会人選手権個人総合で優勝。翌年のアテネ五輪では28年ぶりとなる団体金メダルを獲得した。オリンピックでの親子2代金メダルは日本初。
 06年世界選手権では団体銅メダルを獲得したが、08年のNHK杯兼北京五輪代表選考会で7位に終わって代表入りならず。09年にオーストラリアに留学し、全豪選手権個人総合で3年連続最高得点をマーク。父を超える4度目の五輪出場を目標にオーストラリア国籍取得を目指したが、手続きが難航して11年の世界選手権には出場できず、オーストラリアは18位に終わって団体のロンドン五輪出場権を逃した。
 12年に航空会社勤務の日本女性と結婚。13年4月にオーストラリア国籍を取得し、7月の全豪選手権で、個人総合、つり輪、平行棒で優勝。06年以来7年ぶりの世界選手権出場を決めている。

LAST UP 2013/07/23
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
塚原千恵子 塚原光男 冨田洋之 米田功
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ