話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

塚原光男(つかはら みつお)


ロンドンオリンピック日本選手団総監督。オリンピック体操金メダリスト。
1947年12月22日生、東京都出身。日本体育大学体育学部卒業。

 子供の頃は大の巨人ファンで野球少年だったが、中学入学後鉄棒に興味を持って体操部に入部。その後は練習に明け暮れ、國學院高校時代は2年、3年とインターハイ個人総合を連覇。卒業後名門・日体大に進学し、68年メキシコ五輪で団体総合金メダルを獲得した。
 70年に実業団の強豪・河合楽器に入社。同年の世界選手権で跳馬の新技「ツカハラ跳び」を発表して、団体総合と跳馬で金メダルを獲得。72年ミュンヘン五輪では鉄棒の新技「月面宙返り(ムーンサルト)」を発表し、団体総合と鉄棒で金、つり輪で銅メダルを獲得。五輪終了後の10月に女子体操の小田千恵子と結婚した。
 76年モントリオール五輪ではオリンピック団体総合5連覇に貢献し、鉄棒でも金、跳馬で銀、個人総合と平行棒で銅メダルを獲得。79年に河合楽器を退社し、妻・千恵子がコーチを務めていた朝日生命の監督に就任。現役も続け、4大会連続の五輪を目指したがモスクワ五輪の2次予選直前、床の新技練習中に頭から着地して頚椎を捻挫。なんとか予選会に出場したものの途中棄権し、代表入りはならなかった(日本は同大会をボイコット)。
 五輪3大会で9個のメダルを獲得し(金5、銀1、銅3)、世界大会(五輪・世界選手権)団体総合10連覇を達成した体操ニッポンの黄金時代を支えたが、81年の全日本選手権が最後となり、82年4月に正式に現役を引退。
 引退後は指導者として数多くの選手を育て、日本代表総監督を務めた04年アテネ五輪では、息子の直也を擁して28年ぶりの団体総合金メダルを獲得、日本初の親子2代の五輪金メダリストとなった。
 現在は塚原体操センター校長として後進の育成に当たるほか、日本体操協会副会長、日本オリンピック委員会(JOC)理事も務め、12年ロンドン五輪では日本選手団総監督を務めた。
 13年の参院選に自民党比例代表として立候補したが落選した。

LAST UP 2013/07/22
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
上村春樹 塚原千恵子 塚原直也 冨田洋之 米田功
関連項目
リオオリンピック特集>選手名鑑>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ