話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

寺島しのぶ(てらじま しのぶ)


女優。1972年12月28日生、京都府出身。青山学院大学文学部卒業。

 父は歌舞伎役者・七代目尾上菊五郎、母は女優・富司純子、弟は五代目尾上菊之助。祖父(富司の父)は映画プロデューサーで東映任侠映画の生みの親、故俊藤浩滋。
 長女として生まれるも、梨園に娘は必要とされていない、と幼い頃から感じ続け、弟が生まれてその思いを一層強くする。歌舞伎役者に憧れたが女性ゆえ舞台に立てず、将来女優になって家族を見返してやろうと目論むようになった。
 中学時代はバレーボールに打ち込み、高校時代はハンドボールで東関東選抜に選ばれる。一方で、母親のつてで89年にNHKのドラマ【 詩城の旅びと 】で女優デビューしたが、自分の演技にショックを受け、行く末に疑問を抱く。
 高校3年の時、家に遊びに来た女優・太地喜和子に、初対面にも関わらず「あなた寂しそうね」と心内を見透かされ、「女優になりたいじゃないの?演技の勉強をしてみたら?」と勧められて劇団「文学座」の演劇研究所の試験を受験。合格して大学入学後に入所すると、そこでの演技が認められ演出家・蜷川幸雄の舞台【 血の婚礼 】に出演したのをきっかけに、舞台から声が掛かるようになる。
 96年の文学座退団後も舞台を中心に活躍していたが、03年に【 赤目四十八瀧心中未遂 】で映画初主演を果たすと、同年は【 ヴァイブレータ 】でも主演を務め、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞をはじめ映画賞を総ナメにした。なお【 赤目− 】は原作の小説に感動した寺島が著書・車谷長吉に手紙を出したのがきっかけで主演に抜擢。母・富司純子の猛反対を押し切って大胆な濡れ場に挑んだ。同年にはエッセイ【 体内時計 】を出版し、梨園の娘として抱き続けたコンプレックスや過去の恋愛などを赤裸々に告白している。
 05年には【 おとなの夏休み 】でテレビドラマ初主演。07年の主演映画【 愛の流刑地 】もヒットし、10年には主演映画【 キャタピラー 】でベルリン国際映画祭最優秀女優賞(銀熊賞)を受賞。日本人が最優秀女優賞を受賞したのは田中絹代以来35年ぶり3人目の快挙だった。
 07年にフランス人アートディレクターのローラン・グナシアと結婚、12年に第一子となる長男を出産している。

LAST UP 2017/07/06
 
作品
関連人物
波乃久里子 野村忠宏
関連項目
第61回NHK紅白歌合戦出場者一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ