話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

為末大(ためすえ だい)


元プロ陸上選手:400mハードル。1978年5月3日生、広島県出身。
法政大学経済学部卒業。身長170cm、体重66kg。

 スポーツは苦手ながら子供の頃から走るのだけはずば抜けて速く、小学2年で本格的に陸上を始めると、徒競走では大人相手でも負けなくなる。中学1年の時、世界陸上100mを世界新記録で優勝したカール・ルイスに感動して一層陸上に打ち込むようになった。
 中学2年から急激にタイムが伸び、3年の時に全日本中学校選手権100m、200mで優勝。三種競技A、Bでも中学生1位の記録を出すも、広島皆実高校進学後は怪我に苦しんでこだわりのある100mを諦め400mに転向。顧問とも度々衝突するなど順調ではなかったが、それでも3年生のインターハイで優勝し、世界ジュニア選手権でも4位入賞。
 一方で世界ジュニアのハードルを観て「この競技なら世界と戦える」と感じて練習してみると、数ヵ月後の国体400mH(ハードル)でジュニア日本記録、高校記録で優勝。大学進学後本格的に練習を始めると専任コーチを付けずに独学で取り組み、日本学生対校選手権を3連覇。しかし2000年シドニー五輪は突風を受けて転倒し予選敗退に終わった。
 01年に日本選手権初優勝(05年まで5連覇)を飾ると、同年の世界選手権400mHで47秒89の日本記録で銅メダルを獲得。日本人男子による世界大会トラック種目のメダル獲得は史上初の快挙だった。
 02年に大阪ガスに入社したが、翌年退社してプロとなる。04年アテネ五輪は準決勝敗退だったが、05年の世界選手権では再び銅メダルを獲得。その後は1年以上全くハードルを跳ばずにスピードの強化に努めるも、07年の世界選手権は予選敗退。08年の日本選手権で7度目の優勝を飾り、北京五輪は400mHと1600mリレーに出場したがともに予選敗退。現役続行を表明して09年からアメリカ・サンディエゴを拠点に活動し、11年1月、同い年の日本人大学院生と結婚した。
 慢性的な足の痛みから五輪後大会出場していなかったが、11年に復帰。しかし12年6月の日本選手権では予選で転倒して最下位に終わりロンドン五輪出場はならず、現役引退を表明した。
 10年に朝原宣治らとスポーツ選手を支援する一般社団法人「アスリートソサエティ」を設立。11年には地元広島に子供向けのスポーツクラブ「CHASKI」を設立するなど、現在は多岐に渡って活動している。

LAST UP 2017/06/25
 
作品
関連人物
朝原宣治 高平慎士
関連項目
ロンドンオリンピック特集>関連項目(解説者など) 北京オリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ