話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

竹下佳江(たけした よしえ)


ヴィクトリーナ姫路監督。1978年3月18日生、福岡県出身。
不知火女子高校(現・誠修高校)卒業。身長159cm。ニックネーム:テン。

 北九州市に二人姉妹の次女として生まれる。姉の影響で小学2年でバレーを始めると抜群の運動神経でみるみる上達し、5年生でセッターになる。小学生の頃は牛乳をたくさん飲み、器具を購入するなど様々な伸長法を試したという。
 中学時代は県大会で優勝、福岡選抜にも選ばれ名門・不知火女子高校に進学。寮に入ってテレビも全く見ないバレー漬けの生活を送り、3年生の時に世界ユース選手権で優勝。しかし低身長ゆえ声がかからず、実業団入りを諦めかけたが葛和伸元監督(当時)に誘われ、96年にNECレッドロケッツに入団。正セッターとなった99-00年の第6回Vリーグで21戦全勝の完全優勝に貢献し、ベスト6に選ばれた。
 97年に全日本に初選出されたが、2000年のシドニー五輪最終予選で敗退。日本女子バレー史上初めて五輪出場を逃すと、竹下の低身長が一因として批判にさらされたことなどで情熱を失い、02年4月に現役を引退。その後はハローワークに通い福祉関係への就職を目指したが、当時V1リーグに降格していたJTマーヴェラスから、Vリーグ復帰の切り札として熱心な誘いを受け、02年8月に現役復帰。期待通りの活躍でVリーグ昇格を果たした。
 03年に柳本晶一監督の下で全日本に復帰し、ワールドカップで最優秀敢闘賞を受賞。04年は2大会ぶりの五輪出場権獲得に貢献し、アテネ五輪にも出場。同年にJTとプロ契約を結び、05年には吉原知子の後を継いで全日本の主将に就任。06年世界選手権は日本は6位だったが、MVPを受賞した。
 08年北京五輪は準々決勝敗退で2大会連続の5位。09年には全日本主将を荒木絵里香に譲ってコーチ兼任となり、10年の世界選手権で銅メダル獲得。10/11V・プレミアリーグでは創部以来初優勝を果たし、2年連続5回目のベスト6賞を受賞。11年の黒鷲旗でも初優勝を飾ってベスト6に選ばれた。
 11年ワールドカップは4位に終わったが、ベストセッター賞を受賞。12年ロンドン五輪では28年ぶりの銅メダルを獲得。五輪後JTを退部して長期休養に入る。13年6月日本バレーボール協会理事に就任。同年7月、現役引退を表明した。
 16年6月、新設の女子バレーボールチーム・ヴィクトリーナ姫路の監督に就任。17年6月には芸能プロダクション・アミューズとマネージメント契約を結んだ。
  なお12年3月にプロ野球・広島カープの江草仁貴投手と結婚し、15年5月に第一子の男児を出産している。

LAST UP 2017/06/21
 
作品
【 著書・関連書籍など 】 by Amazon.co.jp
関連人物
荒木絵里香 大友愛 澤穂希 高橋みゆき 中道瞳 柳本晶一 吉原知子
関連項目
ロンドンオリンピック特集>選手名鑑ロンドン五輪バレーボール全日本女子一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ