話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

高橋由伸(たかはし よしのぶ)


元プロ野球選手。1975年4月3日生、千葉県出身。
慶應義塾大学法学部卒業。身長180cm、体重87kg。右投左打。

 父や兄の影響で幼い頃から野球に親しむ。右利きだが始めから自然と左打ちで構えていたという。
 3年生から少年チームの練習に参加し、4年生で正式に入団するとすぐにレギュラー入り。父が考案したオリジナルトレーニングやバッティングセンター通いも行い、6年生からピッチャーを始めるとエース・4番として活躍し、5、6年生と県大会を連覇。
 中学時代はポニーリーグの強豪「千葉ジャガーズ」のエース・4番で全国大会を2連覇し、多くの強豪から誘われ名門・桐蔭学園高校に進学。1年生で3番ライトのレギュラーを獲得して1年夏(3回戦敗退)、2年夏(1回戦敗退)と2度甲子園に出場、3年生の時は主将を務めた。
 大学時代は4年間8シーズンの東京六大学リーグ戦に全試合フルイニング出場。3年春に三冠王を獲得し、4年生の時には田淵幸一のリーグ通算本塁打記録を29年ぶりに塗り替える23号ホームランを放った。
 97年ドラフト会議で巨人を逆指名してドラフト1位で入団。1年目から開幕スタメン入りして打率.300、19本塁打。新人王は直接対決で分の悪かった大学時代からのライバル・中日の川上憲伸(明治大学出身)に奪われたが、2年目には初の4番打者を務め(巨人軍第66代4番打者)、入団から6年連続でゴールデングラブ賞を受賞するなど攻守に渡って活躍。
 04年のアテネ五輪では日本代表として銅メダルを獲得した。06年には日本テレビアナウンサー(当時)・小野寺麻衣と結婚し、二女をもうけている。
 07年は1番打者を務め、セ・リーグ初、プロ野球でも45年ぶりとなる開幕戦先頭打者初球ホームランを放ち、シーズン先頭打者本塁打9本の日本記録を樹立。自己最多の35本塁打をマークしたが、1本差でホームラン王を逃し、初の打撃タイトル獲得はならなかった。ホームラン王は36本の村田修一(当時横浜)。
 07年シーズン終了後4年総額16億円の大型契約を結んだが、持病の腰痛に苦しみ08年は自己ワーストの打率.236、09年は1軍出場わずか1打席に終わる。10年は復調して2年ぶりの開幕スタメンを果たし、116試合に出場。11年に1500本安打、12年に300本塁打を達成。
 15年は選手兼任一軍打撃コーチを務めたが、シーズン終了後現役を引退し、原辰徳の後任として監督に就任。1年目の16年はシーズン2位、クライマックスシリーズはDeNAに敗れ、ファーストステージで敗退した。
 17年はそれまでの11を塗り替える球団ワーストの13連敗を喫し、11年ぶりのBクラスとなる4位。18年は3位、3年連続で優勝を逃し監督を辞任した。
 現役通算成績:1819試合 1753安打 321本塁打 986打点 打率.291 29盗塁。

LAST UP 2018/11/17
 
作品
関連人物
上原浩治 小笠原道大 桑田真澄 篠塚和典 田淵幸一 仁志敏久 原辰徳
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2018 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ