話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

高橋みゆき(たかはし みゆき)


元バレーボール選手。1978年12月25日生、山形県出身。
山形市立商業高校卒業。身長170cm。ニックネーム:シン。

 4人兄弟の2番目、長女として生まれる。父・正さんは元実業団バレー選手で、家族でチームを作れるよう4人の子供をもうけたという。
 正さんが監督のスポーツ少年団で小学1年から本格的にバレーを始める。厳しい指導で卓越した技術を身に付け、高校時代も正さんがバレー部コーチを務めて春高に2度出場。いずれもベスト16止まりだったものの技術を高く評価されて多くの実業団から誘われたが、ほとんどが低身長を理由にセッター転向を要請したのに対し、子供の頃からのポジションであるレフトでの起用を明言したNECの葛和伸元監督(当時)に心を動かされ、97年にNECレッドロケッツに入団。
 レギュラーに定着した99-00年の第6回Vリーグで優勝に貢献し、新人賞を受賞。2000年には全日本に初選出されたが、同年のシドニー五輪最終予選で敗退し、日本女子バレー史上初めてオリンピック出場を逃した。
 02-03年の第9回Vリーグで優勝に貢献してMVPを受賞。03年に柳本晶一が全日本監督に就任するとライトにコンバートされ、『世界が恐れるニッポンの元気印』のキャッチフレーズでムードメーカーとしても活躍。2大会ぶりの五輪出場に貢献した(04年アテネ五輪は5位)。
 05年のワールドグランプリでは得点王を獲得。05年8月、NECが選手育成のために創設した「海外派遣制度」の第一号として、イタリアプロリーグ・セリエA1のビチェンツァに1年間の期限付きで派遣されると中心選手として活躍し、人気も獲得して派遣期間が1年延長。
 07年9月、派遣期間終了によりNECに復帰。08年北京五輪は準々決勝で敗退し、2大会連続の5位。09年6月に契約満了によりNECを退団、エイベックス・マネジメントと契約を結んでタレントに転身した。
 11年11月、V・プレミアリーグのトヨタ車体クインシーズに入団。現役復帰したが、12年4月に退団した。

LAST UP 2013/07/03
 
作品
関連人物
大友愛 竹下佳江 柳本晶一
関連項目
北京オリンピック特集>選手名鑑北京五輪バレーボール全日本女子一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ