話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

高橋英樹(たかはし ひでき)


俳優。1944年2月10日生、千葉県出身。日本大学芸術学部中退。
身長181cm。高橋英樹は本名。

 二男二女の末っ子として生まれ、当時の総理大臣・東條英機に因んで英樹と名づけられる。父親が教師で母親も元教師という家庭で、子供の頃は野山を駆け回る一方、厳格な教育者だった父親から毎日「勉強しろ」と言われて育ったという。
 高校時代に映画にのめり込んで俳優を目指すようになるも父親に反対され、「オーディションに落ちれば諦めるだろう」と考えた父親が勝手に映画会社・日活のオーディションに応募。しかしその想いとは裏腹に見事合格し、高校在学中の61年に「日活ニューフェイス」5期生として映画界入り。
 同年に小林旭主演の【 高原児 】で浅丘ルリ子の弟役で映画デビューを飾り、翌年【 激流に生きる男 】で初主演。同作は当初石原裕次郎主演だったがスキーで骨折し降板、代役の赤木圭一郎が撮影中に事故死したため主演が回ってきたという。なお父親のたっての希望で大学に進学したが、父親は翌年狭心症で急死している。
 63年には吉永小百合と共演した【 伊豆の踊子 】がヒットしたものの、一方でどんな役を演じても中途半端で独自の売りを見出せずにいたが、「身長の割りに足が短いから着物を着せよう」という会社の方針で同年に日活初の任侠映画【 男の紋章 】の主演に抜擢されると【 男の紋章 】はヒットしてシリーズ化され、「任侠スター」として人気を獲得。68年には大河ドラマ【 竜馬がゆく 】に出演、活躍の場をテレビにも広げるとその後も【 桃太郎侍 】、【 遠山の金さん 】、【 三匹が斬る! 】などに出演して時代劇俳優の地位を確立した。現在は俳優業のほかバラエティー番組でも活躍している。
 私生活ではテレビ時代劇【 おらんだ左近事件帖 】で共演した女優・小林亜紀子(本名:松本美恵子)と74年に結婚。小林は結婚を機に女優を引退し、現在個人事務所「アイウエオ企画」の社長を務めている。3度の流産を乗り越え81年に誕生した一人娘の真麻はフジテレビアナウンサーで、94年にはベストファーザー賞を受賞している。

LAST UP 2012/01/11
 
作品
関連人物
石原まき子 片岡鶴太郎

トップページへ戻る

Copyright(c)2012 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ