話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

高橋大輔(たかはし だいすけ)


フィギュアスケート選手:関西大学大学院在学。1986年3月16日生、岡山県出身。
身長165cm、体重59kg。(高橋の「高」の字の本来の表記は「」)。

 4人兄弟の四男として生まれる。3人の兄は少林寺拳法を習っていたが、8歳で一人フィギュアスケートを始める。中学2年から長光歌子の指導を受けて成長を遂げ、01年に全日本ジュニア選手権優勝。02年には日本男子初の世界ジュニア選手権優勝を成し遂げた。
 関西大学時代は長光コーチの家に住み込み、05年にユニバーシアード優勝。四大陸選手権でも3位に入ったが、世界選手権は一緒に出場した本田武史が怪我で途中棄権。トリノ五輪日本男子出場枠「2」獲得には10位以内が条件になったが、15位に終わり、出場枠は「1」となる。
 05-06年はスケートアメリカでグランプリ(GP)シリーズ初優勝し、初出場のファイナルでも日本男子初の銅メダルを獲得。トリノ五輪代表選考を兼ねた全日本選手権は2位に終わったが、表彰式後に採点ミスが発覚して繰り上げで初優勝となり、五輪代表に選出された(繰り下げ2位は織田信成)。
 06年トリノ五輪は8位に終わったものの、翌シーズンはGPファイナル、世界選手権の両大会で日本男子初の銀メダルを獲得。07-08年は全日本選手権3連覇を達成、四大陸選手権では世界歴代最高(当時)の264・41点で優勝した。
 しかし08年10月、練習中に右ひざを負傷して手術を受け、08-09年の試合を全て欠場。09年4月に練習を再開し、約1年半ぶりの復帰戦となったフィンランディア杯で優勝。2年ぶりの全日本選手権で4度目の優勝を果たし、バンクーバー五輪では日本男子初の銅メダルを獲得。世界選手権では日本男子初の金メダルを獲得した。
 10-11年はGPシリーズで2連勝するもファイナルは4位。全日本も3位に終わったが、四大陸選手権では2度目の優勝。連覇を目指した世界選手権は演技中にスケート靴のビスが外れるアクシデントに見舞われ、5位に終わった。
 11-12年はGPファイナル初優勝を目指すも2位に終わったが、全日本選手権ではISU非公認ながらSPで96・05点の世界最高を記録、フリーで3度転倒するも2年ぶり5度目の優勝。世界選手権では2度目の銀メダルを獲得し、世界国別対抗戦ではSPで世界歴代最高(当時)の94・00点をマーク。フリー(182・72点)、合計(276・72点)でも自己ベストをマークして男子1位になり、日本の初優勝に貢献した。
 12-13年は悲願のGPファイナル初優勝(日本男子初)。全日本選手権は2位(優勝は羽生結弦)、四大陸選手権7位、世界選手権6位。世界国別対抗戦は男子1位になるも、日本は3位だった。

LAST UP 2013/07/14
 
作品
【 著書・関連書籍など 】 by Amazon.co.jp
関連人物
浅田真央 安藤美姫 織田信成 小塚崇彦 中庭健介 南里康晴 無良崇人
関連項目
ソチオリンピック特集>選手名鑑 リオオリンピック特集>関連項目(解説者など)

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ