話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

田淵幸一(たぶち こういち)


元プロ野球選手。1946年9月24日生、東京都出身。法政大学卒業。188p。右投右打。

 小学3年の時に神宮球場で見て以来長嶋茂雄に憧れ、中学時代は野球に打ち込む。法政一高(現・法政大高)でも野球部に入部したが、髪型が坊ちゃん刈りだったため退部させられる。坊主頭にし、母親が監督に頼み込んで復帰を認められると、肩の強さと冷静さを買われて捕手に抜擢。甲子園出場はないが、長打力とともに長身・細身の新しいタイプの捕手として注目を集めた。
 大学時代は「法政三羽ガラス」と呼ばれた同期の山本浩司(後の浩二)、富田勝とともに明治の星野仙一らと熱戦を繰り広げ、3年春に長嶋茂雄が持つ東京六大学リーグ通算本塁打記録(8本)を更新。22本まで伸ばし、甘いマスクで六大学野球のスターとして活躍した(現在の記録は高橋由伸の23本)。
 68年ドラフト会議では巨人を熱望し、他球団ならプロ入り拒否の姿勢を見せたが阪神が指名権を獲得。入団を固辞し、巨人も獲得を画策したが結局実らず、阪神入り。
 ニューヒーローとして大きな期待を集めた1年目はオールスター出場、打率.226ながら22本塁打で新人王を獲得。しかし2年目は頭部への死球、3年目は腎臓炎で入院して長期間戦線を離脱。その後は復調して「ミスタータイガース」、「天才ホームランアーティスト」と呼ばれ、75年には43本塁打で王貞治の14年連続を阻み、本塁打王を獲得した。なお本塁打王は同年の1度だけで首位打者、打点王は獲得していない。
 78年オフに新球団・西武ライオンズに電撃トレード。以降主にDH、一塁手として出場していたが、82年に就任した広岡達朗監督に「走れない、守れない給料泥棒」と揶揄されたことに奮起し、同年に自身初の日本一を達成。翌年には長嶋茂雄の大学出身選手通算本塁打記録(444号)を塗り替えるとともに2年連続の日本一を達成した(現在の同最多記録は山本浩二の536)。
 84年シーズンで現役を引退。解説者を経てダイエー監督、阪神チーフ打撃コーチを歴任し、阪神では18年ぶりのリーグ優勝に貢献。08年北京五輪では日本代表ヘッド兼打撃コーチを務めたが準決勝敗退。3位決定戦でも敗れ、メダル獲得はならなかった。
 10年11月、星野仙一新監督のもと楽天イーグルス1軍ヘッド兼打撃コーチに就任。しかしチームの不振により11年6月に打撃コーチを解かれてヘッド専任となり、12年シーズン限りで退任した。
 元女優の妻・ジャネット八田(八田有加)との間には二男をもうけ、長男の裕章はフジテレビアナウンサー。優勝を願って「ゆうしょう」と名付け、翌82年に自身初優勝を達成している。
 現役通算成績:1739試合 1532安打 474本塁打 1135打点 打率.260 18盗塁。

LAST UP 2017/05/31
 
作品
関連人物
大久保博元 高橋由伸 田中将大 星野仙一 山田久志 山本浩二
関連項目
北京オリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ