話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

鈴木徹(すずき とおる)


陸上選手(走り高跳び):T44クラス(下腿切断など)。SMBC日興証券所属。
1980年5月4日生、山梨県出身。筑波大学体育専門学群卒業。179cm、63kg。

 子供の頃から運動神経抜群で、野球やバスケットボールに取り組む。中学時代はハンドボール部キャプテンを務める傍ら、陸上大会にも出場。走り高跳びで県大会2位に相当する記録を出した。
 地元山梨のハンドボールの名門・駿台甲府高校に進学し、山梨代表に選ばれて国体3位。日本代表を目指し、筑波大学への推薦入学も決まっていたが、高校卒業間近の2月、ドライブ中に居眠りしてガードレールに激突、膝下11センチを残して右足を切断した。
 大学を休学して東京身体障害者福祉センター(現・義肢装具サポートセンター)でリハビリに励み、義足に慣れると一人暮らしをして東京都多摩障害者スポーツセンターに通う。事故から1年後の2000年2月、たまたま器具を見掛けて挑戦した走り高跳びで、当時の障害者日本記録を15cmも上回る1m65cmを記録。4月に大学に復学するとハンドボール部に断りを入れて陸上部に入部し、直後の大会で1m74cmをマーク。参加標準記録を突破し、同年のシドニーパラリンピックに出場して6位入賞。04年アテネパラリンピックも6位に入賞した。
 05年にプロ宣言し、自らスポンサーを探して日本初の義足のプロアスリートとなる。同年のパラリンピックワールドカップで自己記録を更新して銀メダルを獲得し、ヨーロッパ選手権でも銀メダルを獲得。06年に義足選手としては世界で二人目の2mジャンパーとなり、07年にはIWAS世界大会で金メダルを獲得した。
 08年北京パラリンピックでは日本選手団旗手を務めて5位入賞。09年には新設の駿河台大学ハンドボール部監督に就任。12年ロンドンパラリンピックは4×100mリレーで45秒36の日本記録で4位入賞。走り高跳びも1m98で4位に入賞した。
 15年のジャパンパラでは4×100mリレーで日本記録を更新(44秒33)。16年のIPCグランプリの走り高跳びでは2m02で金メダルを獲得、日本記録並びにアジア記録を樹立した。
 16年リオパラリンピック走り高跳びは1m95で5大会連続入賞となる4位。17年の世界パラ陸上は2m01で銅メダルを獲得した。
 現在は芸能プロダクション・レプロエンタテインメントに所属し、講演活動なども行っている。なお事故後入院していた病院の担当看護師と04年に結婚、07年に第一子の長男が誕生している。

LAST UP 2017/07/23
 
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
京谷和幸 佐藤真海
関連項目
リオパラリンピック特集

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ