話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

鈴木大地(すずき だいち)


日本水泳連盟会長。元水泳選手:背泳ぎ。1967年3月10日生、千葉県出身。
順天堂大学体育学部体育学科卒業。同大学大学院修了。

 幼い頃は病弱で学校も休みがちだったため、身体を鍛えるために7歳から地元のスイミングクラブで水泳を始める。初めは嫌々だったが、徐々に身体が丈夫になり、早く泳げるようになると水泳にのめり込んで9歳からは選手コースで毎日練習に打ち込んだ。
 中学1年の時にセントラルスポーツに移り、名コーチ・鈴木陽二と出会う。以降鈴木コーチのもとで気を失うほど過酷な練習に打ち込み、市立船橋高校進学後それまでの個人メドレーから背泳ぎに転向。84年に100m背泳ぎで日本記録を樹立し、同年のロサンゼルス五輪は100m11位、200m16位だった。
 85年に順天堂大学に進学。86年のアジア大会では100m背泳ぎと400mメドレーリレーで金メダルを獲得し、87年のユニバーシアードでも100m、200m背泳ぎで金メダルを獲得。
 88年ソウル五輪では、鈴木コーチと二人三脚で研究を重ねてきた「バサロ泳法(潜水泳法)」が実を結び、見事100m背泳ぎで金メダルを獲得した。
 ソウル五輪後ルール改正でバサロ泳法の距離が制限されたことなどもあり、92年に現役を引退。引退後アメリカ留学を経て、現在は順天堂大学教授、同大学水泳部監督を務めている。
 一方で03年にアジア人で初めて世界オリンピアンズ協会理事に選出される。10年には世界ドーピング防止機構アスリート委員に就任。13年4月には日本オリンピアンズ協会会長に就任し、6月には史上最年少46歳で日本水泳連盟会長に就任した。

LAST UP 2013/06/23
 
作品
関連人物
岩崎恭子 北島康介 小出義雄 小谷実可子 萩原智子 平井伯昌 松田丈志
関連項目
リオオリンピック特集>過去のメダリスト

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ