話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

潮田玲子(しおた れいこ)


元バドミントン選手。1983年9月30日生、福岡県出身。
九州国際大学付属高校女子部卒業。身長166cm、体重57kg。

 小学1年から名門「京都(みやこ)クラブ」でバドミントンを始める。初めは名門ゆえの過酷な練習が嫌でたまらなかったが、試合で好成績を残すうちに好きになり、小学6年の全国小学生大会では小椋久美子との初対戦も制して3位入賞。初対戦の準々決勝は試合中に停電になるハプニングがあったため、小椋のことはほとんど覚えていないと言う。
 新津中学2年の時に小椋との2度目の対戦も制して全日本ジュニア新人の部で準優勝。3年生の全国中学校大会では優勝して中学生では異例の【 バドミントン・マガジン 】の表紙を飾り、美少女選手として注目されるようになった。
 高校時代は修学旅行の自由時間も練習に当てるほど打ち込み、1年生でインターハイ団体戦、2年生で全日本ジュニアシングルスで優勝。一方で1年生の時に参加した全日本ジュニアの強化合宿でたまたま余っていた小椋とダブルスを組んでみると、いきなり上級生の強豪ペアに勝利し、初公式戦のアジアジュニア選手権でベスト16。その後の大会でも好成績を残すと、入社が決まっていた小椋から熱心に誘われ、02年に同じ実業団の名門・三洋電機に入社した。
 入社直後はシングルスにも取り組んだが、04年からダブルスに専念すると同年の全日本総合選手権で初優勝し、翌年はデンマークオープンで優勝。07年には世界選手権で銅メダルを獲得して美人ペア『オグシオ』としてバドミントン界にとどまらない人気を獲得してテレビやCMにも出演し、【 オグシオ公式写真集 ROAD TO BEIJING 】も発売。
 08年の北京五輪は5位に終わり、去就が注目されたが現役続行を表明。しかし5連覇を達成した同年11月の全日本総合選手権を最後に『オグシオ』ペアを解消。09年4月に高校の先輩でもある池田信太郎(日本ユニシス)と『イケシオ』を結成し、7月には大手芸能プロダクション「セント・フォース」とマネージメント契約を締結。9月には全日本社会人選手権で優勝し、混合ダブルス初タイトルを獲得した。
 10年4月に三洋電機を退社、5月にプロフェッショナル社員契約で日本ユニシスに入社し、11年に全日本総合選手権混合ダブルス初優勝を達成。12年5月の世界ランキングで11位となり日本の出場枠を獲得し、同時に五輪出場が決定。ロンドン五輪は1勝2敗で1次リーグ敗退、五輪後のヨネックスオープン(準決勝敗退)を最後に現役を引退し、12年9月30日、自身の誕生日にJリーグの増嶋竜也選手と結婚。15年9月に第一子の長男、17年8月に長女を出産した。

LAST UP 2017/08/08
 
作品
関連人物
小椋久美子
関連項目
ロンドンオリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ