話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

島倉千代子(しまくら ちよこ)


歌手。1938年3月30日-2013年11月8日。東京都出身。
日本音楽高校卒業。島倉千代子は本名。

 東京・品川で生まれたが、戦時中は両親とともに長野に疎開。疎開生活を送っていた7歳の時、割れたガラスで左腕を47針縫う、あわや切断の大怪我を負う。子供の頃は左腕がほとんど使えず、その後も自由に動かせなかったという。
 怪我のため外で遊びまわることができず、家で過ごすうちに歌う事が好きになり、中学時代には数々ののど自慢大会で優勝。中学卒業後、品川高校(現・品川女子学院高等部)に入学したが、音楽を基礎から勉強するため、2年生の時に日本音楽高校に編入した。
 54年に「コロムビア全国歌謡コンクール」で優勝し、翌55年に【 この世の花 】でデビュー。デビューにあたり雑誌【 平凡 】で芸名を募集したが、本名の「島倉千代子」が大多数の支持を集めたため本名でのデビューとなった。【 この世の花 】は大ヒットし、その後も【 東京だョおっ母さん 】などヒット曲を連発。一躍スターとなって、57年に『NHK紅白歌合戦』初出場を果たし、60年には初トリを務めた。
 歌だけでなく数多くの映画にも出演するなど大人気スターとして活躍していたが、島倉の大ファンだった阪神タイガースの藤本勝巳選手から猛アプローチを受けて63年に結婚。家族の反対を押し切っての結婚だったが、結婚生活はうまくいかず、68年に離婚した。
 87年11月、記者会見を開き、初出場から30回連続で出場していた『NHK紅白歌合戦』からの卒業を表明。同年は【 人生いろいろ 】が大ヒットしていたが、紅白は辞退した。しかし翌88年、【 人生いろいろ 】の人気に押されて紅白に復帰、同年のレコード大賞・最優秀歌唱賞受賞曲でもある【 人生いろいろ 】を歌った。【 人生いろいろ 】は05年にNHKが行った『スキウタ〜紅白みんなでアンケート〜』で紅組76位に選ばれている。
 93年に人間ドックで乳がんが発見されたが手術を経て復帰。05年には歌手生活50周年を迎え、記念アルバム【 島倉千代子全集〜人生よありがとう〜 】も発売した。
 13年11月、肝臓がんのため死去した。75歳だった。

LAST UP 2013/11/09
 
作品
【 主な音楽作品 】 【 主な出演作品 】 【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
五木ひろし 岸谷香 小林幸子 八代亜紀

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ