話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

瀬古利彦(せこ としひこ)


元マラソン選手。1956年7月15日生、三重県出身。早稲田大学教育学部卒業。

 子供の頃からずば抜けて足が速く、マラソン・徒競走と長短距離を問わず負け知らずで、中学時代は3年連続校内マラソン大会で優勝。中学時代は野球部のエースとしても活躍し県大会で準優勝したが、2年生の時に陸上部の助っ人として出場した2000mで県大会優勝。3年生の時は県中学記録で優勝すると野球と陸上両方の強豪校から誘いを受け、悩んだ末に陸上の名門・四日市工業高校に進学した。
 入学後本格的に陸上を始めると、1年生でインターハイ800mで3位。2年、3年では800mと1500mの2種目を連覇し、3年生の時は5000mでも準優勝して陸上界期待の星として注目されるようになった。しかし高校時代はさほど厳しい練習はせず、高校生活をエンジョイしていたと言う。
 多くの大学からの誘いを断って憧れの早稲田大学を受験したが失敗したため南カリフォルニア大学に陸上留学。しかし日本とは違う練習法になじめずに一人泣く日々が続き、体重も8キロ増えてしまったと言う。
 翌年早大に合格し、競走部で恩師・中村清(ベルリン五輪1500m代表)に「君ならマラソンで世界一になれる」といわれてマラソンを始める。大学1年の初マラソンは10位に終わったが、3年の時に福岡マラソンで初優勝(その後3連覇)して一躍スター選手となり、翌年には初の海外レース、ボストンマラソンで2位。一方でスピード強化のために取り組んだ10000mで日本選手権優勝、5000mでも日本インカレ優勝などの好成績を残し、箱根駅伝でも4年連続「花の2区」を走り、3年、4年と2年連続区間記録を樹立した。
 80年にヱスビー食品に入社すると同年のモスクワ五輪代表に選ばれ、金メダル確実と言われたが日本がボイコット。しかし同年には10000m、20000mで日本記録をマーク。翌81年には30000mで世界新記録を樹立し、ボストンマラソンでも優勝。 83年には東京国際マラソンを日本記録で優勝した。
 84年のロサンゼルスオリンピックでは優勝候補だったが14位に終わる。その後復調し、86年のロンドンマラソンとシカゴマラソン、翌87年のボストンマラソンと立て続けに優勝したが、88年のソウルオリンピックでは9位に終わる。15回のマラソンで10回の優勝を果たし「天才ランナー」と呼ばれたが五輪メダルには縁がなかった。
 88年12月の国際千葉駅伝を最後に現役を引退。引退後はヱスビー食品陸上部監督や日本陸連理事などを務めて後進の育成に当たるほかマラソンの解説者としても活躍。08年の北京オリンピックでは日本選手団本部役員を務めた。

LAST UP 2009/01/04
 
作品
関連人物
金哲彦 増田明美
関連項目
北京オリンピック特集>選手名鑑

トップページへ戻る

Copyright(c)2009 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ