話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

佐藤久美子(さとう くみこ)


フィギュアスケートコーチ。1946年2月22日生、大阪府出身。関西大学卒業。
旧姓:大川。夫はスケートコーチ・佐藤信夫、娘は世界選手権覇者・佐藤有香

 フィギュアスケート好きだった父親の影響で小学2年からフィギュアスケートを始める。自身はさほどスケート好きではなかったが父親の熱心さに押されて練習に通うと、小学5年からは元全日本王者・山下艶子コーチの指導を受けるようになり、同じく教え子だった後の夫・佐藤信夫とも一緒に練習するようになった。
 小学6年の時に参考出場と言う形ながら全日本選手権に初出場し、その後も出場を続けたがライバル・福原美和らに敗れて優勝できず。64年にはインスブルックオリンピックに出場し、13位だった。
 オリンピックの後山下艶子のもとを離れ、佐藤信夫をコーチに就けた66年に悲願の全日本選手権初優勝。翌年には連覇を達成し67、68年には2年連続世界選手権で5位。2大会連続の五輪となった68年のグルノーブルオリンピックは8位だった。
 68年に現役を引退し、指導者に転身。69年に佐藤と結婚した後もコーチを続けたが、73年に長女・有香を出産したのを機に一旦コーチ業を離れ、その後長男を出産。有香が10歳になってコーチ業に復帰し、以降娘の有香や荒川静香村主章枝ら多くのトップスケーターを育成。現在は夫・信夫とともに小塚崇彦のコーチを務めている。

LAST UP 2008/11/09
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp
関連人物
荒川静香 安藤美姫 小塚崇彦 佐藤信夫 佐藤有香 村主章枝
関連項目
ソチオリンピック特集>過去の出場選手

トップページへ戻る

Copyright(c)2008 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ