話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

佐々木主浩(ささき かづひろ)


元プロ野球選手:投手。1968年2月22日生、宮城県出身。東北福祉大学卒業。190cm、95kg。右投右打。背番号22(日本、メジャーとも)。

 2月22日午後2時22分に生まれる。幼い頃は身体が弱く幼稚園も休みがちだったが、牛乳会社に勤めていた父親の勧めで毎日たくさんの牛乳を飲んだせいか、いつの間にか丈夫になったと言う。
 巨人ファンだった父親の影響で幼い頃から野球に親しみ、小学4年で少年チームに入団すると長身を買われてすぐにピッチャーに抜擢。持ち前の速球は地元で評判になるも、右ひじを痛めたこともあって中学時代は練習に身が入らず、中学限りで野球をやめるつもりだったが、身体つきの良さに将来性を感じた名門・東北高校野球部の竹田利秋監督(当時)から熱心に誘われ同校に進学。
 同期の投手・葛西稔(元阪神)としのぎを削り、持病の椎間板ヘルニアに苦しみながらもエースとして2年夏から3季連続で甲子園に出場し、卒業後竹田監督の勧めで東北福祉大学に進学。しかし椎間板ヘルニアの再発などもあってプロ入りは考えていなかったが、大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)のスカウトから熱心に誘われてプロ入りを決意。89年のドラフト会議で野茂英雄のハズレ1位で大洋に入団した。
 1年目は先発で初勝利を挙げたが、2年目の91年シーズン途中、怪我の遠藤和彦に代わってストッパーに抜擢されると一気に才能が開花。同年に17セーブを挙げ、翌92年に12勝21セーブで初の最優秀救援投手を獲得。以降伝家の宝刀「フォークボール」を武器に絶対的な守護神『大魔神』として活躍し、95年から4年連続で最優秀救援投手を獲得。98年には当時の日本記録となる45セーブを挙げて38年ぶりの日本一に貢献し、セ・リーグMVP、最優秀投手賞、正力松太郎賞などを受賞。『ハマの大魔神』で流行語大賞にも選ばれた。
 99年シーズン終了後メジャーリーグ、シアトル・マリナーズにFA移籍し、1年目からクローザーを務めて37セーブを挙げ、アメリカン・リーグ新人王を受賞。01年から2年連続でオールスターに出場し4年間で129セーブを挙げたが、家族が望んだこともあり、契約を1年残して04年に横浜ベイスターズに復帰した。
 同年こそ17セーブを挙げたが翌05年は救援失敗が続き、同年限りで現役を引退。14年に野球殿堂入りした。
 なお91年に結婚し2児をもうけたが05年に離婚。同年に女優の榎本加奈子と再婚、2児をもうけた。
 ※通算成績
 日本プロ野球:439試合43勝38敗252セーブ 851奪三振 防御率2.41。
 メジャーリーグ:228試合7勝16敗129セーブ 242奪三振 防御率3.14。

LAST UP 2017/08/26
 
作品
関連人物
イチロー 大家友和 桑田真澄 藤川球児 三浦大輔

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ