話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

大山加奈(おおやま かな)


元バレーボール選手(東レアローズ)。1984年6月19日生、東京都出身。
成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)卒業。187cm、84kg。ニックネーム:カナ。

 小学2年の時、バレー教室「ひまわりクラブ」に入部してバレーボールを始める。翌年には1歳下の妹・未希も入部している。6年生の時に小学生日本一を決める大会「ライオンカップ」で優勝して注目されるようになり、成徳学園中学時代は3年の時に全国優勝。高校ではキャプテンとして出場した春高バレーの決勝で栗原恵率いる三田尻女子と対戦。歴史に残る激闘を制して同校初となる春高優勝を果たすとインターハイ、国体も制し、高校三冠を達成した。なお妹の未希も成徳学園中学・高校と進学し、小・中・高すべてで全国優勝を経験している。
 03年に高校を卒業して東レアローズに入団。同年のワールドカップで栗原恵とともに「メグカナコンビ」として大ブレイクし、低迷していた女子バレーの救世主として「パワフル・カナ」のニックネームで活躍。大会後に行われた第10回Vリーグでは新人賞を受賞した。04年には未希も東レに入団している。
 04年のアテネ五輪世界最終予選では柳本晶一監督の方針で出場機会が少なかったが、オリンピックのメンバーには選出され、5位入賞に貢献。
 アテネ後は持病の椎間板ヘルニアに苦しみ、全日本を辞退して治療に専念していたが、05年11月のワールドグランドチャンピオンズカップで全日本に復帰。06年は8月のワールドグランプリには出場したがその後は右肩の故障や椎間板ヘルニアに苦しみ、一時は引退も考えたというが、07年11月のワールドカップで全日本に復帰。アテネ五輪以来3年ぶりとなる「メグカナコンビ」の復活となったが、大会後腰痛が再発して戦線を離脱。2007/08のV・プレミアリーグでは東レが初優勝を飾ったもののリーグ戦全試合を欠場。北京五輪最終予選、五輪代表からも外れた。
 09年3月、プレミアリーグで484日ぶりに試合復帰。眞鍋政義監督のもと新生全日本「火の鳥NIPPON」の09年度登録メンバーにも選ばれたが怪我のため辞退。
 10年6月、現役引退を発表した。今後は東レに残ってバレーに関わっていくという。

LAST UP 2010/06/30
 
作品
【 著書・関連書籍 】 by Amazon.co.jp 
関連人物   
荒木絵里香 木村沙織 栗原恵 峯村沙紀 柳本晶一

トップページへ戻る

Copyright(c)2010 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ