話題の人物豆知識/ワダマメドットコム

大塚晶文(おおつか あきのり)


BCリーグ:信濃グランセローズ投手。1972年1月13日生、千葉県出身。
東海大学出身。身長182cm、体重90kg。旧登録名:大塚晶則(読み同じ)。

 3人姉兄の末っ子として生まれる。父親が失踪していたため母親の女手一つで育てられた。
 小学3年で野球を始める。横芝敬愛高校時代は甲子園出場こそないものの、ドラフト外でプロの誘いもあったが、それを知った東海大学野球部監督・原貢から「俺が上位指名される選手に育てる」と誘われて進学した。進学は高校1年の時にガンで死去した母親の希望でもあったという。
 しかし怪我に悩まされ、4年春に首都大学リーグ最優秀投手賞を受賞したもののドラフト上位での誘いがなく、社会人の日本通運に入社。入社後決め球の「落ちるスライダー」を覚え、3年目の96年に本田技研の補強選手として出場した都市対抗で優勝。決勝でリリーフ登板し、胴上げ投手になったことでクローザーに目覚めたと言う。
 96年ドラフト会議で近鉄バファローズを逆指名してドラフト2位で入団。1年目は開幕を2軍で迎えるも5月に1軍昇格し、守護神・赤堀元之に繋ぐ中継ぎとして52試合に登板。翌年は故障の赤堀に代わって抑え投手を務めてファン投票1位でオールスターに出場し、セーブ王も獲得(35S)。オフに日米野球に出場し、メジャーを目指すようになった。
 2000年から3年連続20Sを挙げ、01年にはリーグ制覇を達成。しかしメジャー入りを目指した02年シーズン終了後のポスティングは入札なしに終わる。ショックを受けて移籍を志願し、金銭トレードで中日ドラゴンズに入団。クローザーとして17Sを挙げ、シーズン終了後再度ポスティングを利用するとサンディエゴ・パドレスが30万ドルで落札し、悲願のメジャー入りを果たした。
 パドレスでは中継ぎを務め、04年にリーグ最多の34ホールドを記録。05年オフにトレードでテキサス・レンジャーズに移籍すると、06年の第1回WBCではクローザーとして優勝に貢献、胴上げ投手になった。
 06年はレンジャーズのクローザーとして32Sを挙げるも、07年に右ひじを痛めて故障者リスト入りし、オフに自由契約となる。その後5度右ひじを手術したが復帰を目指してリハビリを続け、11年6月に米アマチュアリーグの日本人チーム「サムライ ALL JAPAN」の投手兼コーチとなる。
 13年5月、独立リーグ「BCリーグ」の信濃に入団した。従来は登録名「大塚晶則」を使用していたが、本名で登録するという。
 ※通算成績
 日本プロ野球:305試合14勝23敗137セーブ 防御率2.39。
 メジャーリーグ:236試合13勝15敗39セーブ 防御率2.44。

LAST UP 2013/05/23
 
作品
関連人物
上原浩治 大家友和 松坂大輔 渡辺俊介
関連項目
2006WBC日本代表一覧

トップページへ戻る

Copyright(c)2013 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ