話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

大橋歩(おおはし あゆみ)


イラストレーター。1940年6月16日生、三重県出身。多摩美術大学油絵科卒業。
本名:石井久美子(旧姓:大橋)。

 生後すぐに両親が離婚。引き取った母親が再婚したため、祖父母の家に預けられ、伯父の家族とともに育てられる。再度離婚した母親と一緒に、中学2年から叔父が経営していた洋裁学校(文化服装学院の連鎖校)内に居候し、その頃出合った少女雑誌【 ジュニアそれいゆ 】の中原淳一のデザインに憧れてファッションに興味を持つ。なお母親は元洋裁学校の先生で、離れて暮らしていた時から洋服は全て母親が作ったものだったと言う。
 高校3年で上京して美大を受験するも失敗。浪人して予備校に通い、翌年合格したものの入学後油絵への興味をなくし、ファッションイラストレーターを目指すようになって勉強を始める。大学4年の時にファッション雑誌【 メンズクラブ 】でイラストレーターデビューすると、そのイラストが目に留まり、64年4月の雑誌【 平凡パンチ 】創刊と同時に表紙のイラストに抜擢。大学卒業後は専属イラストレーターとなり、71年まで7年間表紙を担当して個性的なイラストで脚光を浴び、【 平凡パンチ 】は「みゆき族」など当時の若者文化に多大な影響を与えた。本名は久美子だが、男性誌ゆえあえて男か女か分からない「歩」というペンネームを使うことになったという。
 その後もフリーランスのイラストレーターとして数多くの雑誌や広告などを手がけ、エッセイストとしても活躍。現在は50代からの大人のための洋服ブランド「a.(エードット)」を展開、年2回の季刊誌【 大人のおしゃれ 】も発行している。66年に彫刻家・石井厚生と結婚し、翌年一人息子を出産している。

LAST UP 2017/06/15
 
作品   

トップページへ戻る

Copyright(c)2017 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ