話題の人物豆知識/ワダマメドットコム
 

荻原次晴(おぎわら つぎはる)


元スキー選手:ノルディック複合。1969年12月20日生、群馬県出身。
早稲田大学卒業。双子の兄は元スキー選手で元参議院議員の荻原健司

 建築材料販売業を営む家に兄・健司と一卵性双生児として生まれる。3人の姉がいる5人姉弟。出身地・群馬県草津はスキーが盛んで、元アルペンスキー国体選手の父親のもと、3歳でスキーを始める。
 小学校入学後器械体操を始めたが、スキーの方が面白くなって小学5年でスキージャンプに転向。しかしジャンプ競技では環境が整っている北海道勢に勝てないため、中学入学後、ノルディック複合(ジャンプとクロスカントリー)に転向する。
 中学1年で全国中学生スキー大会3位に入賞すると、2年生の全国ジュニアオリンピックでは健司が1位、次晴が2位。3年生の全国中学生大会でもワンツーフィニッシュを決め、注目を集めるようになった。
 長野原高校時代は健司とともに1年生から全日本選手権に出場し、世界ジュニア選手権にも出場。しかし大学進学後はひたすら練習に打ち込み海外でも活躍するようになった健司と、音楽などの趣味にも興じる次晴の間に差が開く。92年アルベールビル五輪で健司が金メダルを獲得。出場していない次晴は存在を知られていなかったため、健司と間違われサインや握手を求められるようになった。
 健司は4年で卒業したが次晴は5年かけて大学を卒業し、健司のいる北野建設に入社。94年リレハンメル五輪では健司が再び金メダルを獲得するも次晴は出場すら出来なかったが、94-95シーズンのW杯で個人総合4位になって存在を知られるようになる。95年のW杯では健司1位、次晴2位のワンツーフィニッシュを飾った。
 98年長野オリンピックで五輪初出場を果たし、個人6位、団体5位。98年7月に現役を引退した。引退後はスポーツキャスターとして活動。08年に14歳下の会社員の女性と結婚、3人の子供をもうけた。2011年からは次晴「登山部」の活動を開始し、日本100名山登頂に挑戦している。 

LAST UP 2017/06/11
  
作品
【 著書・関連書籍など 】
関連人物
阿部雅司 荻原健司
関連項目
ソチオリンピック特集>過去の出場選手 リオオリンピック特集>関連項目(解説者など)

トップページへ戻る

Copyright(c)2009 ワダマメドットコム All Rights Reserved.

ブログパーツ